雑記

更新サボってすみません。
どうしても2月一杯で終わらせないとならない案件がありまして、仕事が修羅場です。
今週末も出勤で来週末も出勤になりそうです。
更に恒例の確定申告の時期もやってまいりまして、ゲームやってる時間が無いよう。
仁王やりたいよう(´・ω・`)

まあ、こんな状況でも仁王もちびちびプレイしています。
今は近畿エリアの攻略中でボスの雪女(濃姫?)に勝てず、詰まってます(⌒_⌒;
コウモリ女以降のボスは全然歯ごたえなかったのにな~、海坊主はちょっと苦戦したけど。
もうちょっとで勝てそうなんですよね。あのガード無効の突進さえかわせれば何とかなりそうなんですが。
ロードが速い&リトライポイントである社からボスまでが近いのでソウルシリーズほどストレスは溜まらないです。

仁王もかなりボリュームがありそうなんで、なんとかホライゾン発売までにはクリアしたいのですが・・・
来週発売のニーアは残念ながらスルーです。某雑誌の評価が高いようですが、
あの雑誌なんでイマイチ信憑性が無いヾ(;´▽`A``
海外レビューが出てからですね。特にIGNの評価は当てにしています。
まあ、スルーといいながらもゴールデンウィーク前には買うと思います。
4月は今のところたいしたゲームが発売されないですからね。
携帯機ではファイアーエムブレムとダンジョントラベラーズが気になるかな。

ファイアーエムブレムといえば、ヒーローズもちょくちょくプレイしているのですが、
ガチャやってもキャラ被りが多く、イマイチはまれないっす(´ヘ`;)
しかもifのキャラがやたらと多く感じます。自分の運が悪いだけですかね。プレイして無いからわかんねーよ。
星5のキャラは2体持っているけどチキとファでまさかの神竜被りだし(⌒_⌒;
星4のロイも当てましたが、紙装甲過ぎて使えない。今作は剣士系が弱く感じますね。
私の持っているキャラで一番頼りのなるのは女アーマーナイトのエルフィですかね。
このキャラも知らんから調べたらやっぱりifのキャラだった。私の持っているキャラの半分はifですよ・・・

今月はちょとブログの更新が滞るかもしれません。申し訳ないです。
仕事が速く片付くといいな~

仁王 インプレッション、感想など

水曜日に仁王をフラゲ出来たので現時点で10時間ほどプレイしました。
ただいま3体目のボスである通称「コウモリ女」を倒したところです。
現時点での感想を簡単に述べたいと思います。

現時点、あくまで現時点の感想ですが、これ「神ゲー」じゃね?
FF15以降、ちょっとゲーム熱が冷めてて最近はスマホゲーなんかをチクチクプレイしていましたが、
久しぶりに時間を忘れてプレイに没頭しています。あの微妙なα体験版からよくぞここまで持ち直したな。

ゲームシステムとしては体験版も3度も配信されたので言わずともかなですが、
ダークソウル+ディアブロ3ってところでしょうか。
アクションはニンジャガイデンを彷彿させるスピーディな戦闘です。チームニンジャお得意のアクションですね。
しかもそれが今のところ、実に上手く各ゲームの良いところ取りが出来ているように感じます。
ダークソウルにトレハン要素が加わっただけでここまで没頭できるのかって感じです。面白い。

ステージ構成はダークソウルのように全ステージが繋がっているのではなく、
デモンズソウルのようにステージ選択型となっています。
ボスを倒すとクリアでステージ選択画面に戻ります。
クリア後も同じステージで同じボスに挑むことが出来るのでトレハンが捗りますw
またステージクリア後はサブクエが発生し、これを選択するとスタート地点と敵の配置などが変わっているので
また違った印象でプレイできます。この辺りは本当にディアブロっぽいですね。

拠点には鍛冶屋もありまして、武器防具の作成や合成が出来ます。
武器防具の作成はディアブロやディヴィジョンっぽいです。付加効果はランダムでつくみたいですね。
合成(魂合わせ)はちょっとまだ理解しきれてないのですが、レベルの低い武器に対してレベルの高い武器で
魂合わせを行うと素材にした武器のレベルまで上がるみたいです。
愛着のある武器があったら魂合わせを行うことで武器の寿命が延びるイメージかな。
私は刀を主に使っているのですが、愛用している刀は序盤に取ったものです。
特殊効果で雷属性が付加されていて斬ってて気持ちがいいので魂合わせを駆使して未だに使っていますw
ただ、魂あわせに掛かる金額高すぎ(´・ω・`)
何度も出来るものでも無いのでよく考えてから実行しましょう。
「打ち直し」は武器に付加されている効果を変化させることが出来ます。効果はランダムで付きます。


アクションの難易度ですが、体験版よりも随分と楽になっているように感じました。
でもまあ初見殺しの罠はありますし、囲まれたらボコボコにされるので立ち回りが非常に重要なのは
ソウルシリーズと変わらないですがね。

3体目のボスの通称「コウモリ女」まではサクサク進めることが出来ました。コウモリ女まではね・・・
このコウモリ女強すぎね?ヾ(;´Д`●)
軽く20回は死んだかな。ここまでサクサクだったのに途端に難易度が跳ね上がったイメージ。
ダークソウル3で言うところのサリヴァーンクラスの強さに感じました。
衝撃波を食らうと麻痺して成す術なく殺される。
攻撃モーションも速く、ダメージがデカい。数発で殺されます。
とりあえず何度もリトライを繰り返して攻撃パターンを見極めていきました。

私が何とかコウモリ女を倒した方法を下記に示します。

私は刀を主に使っているのですが、ちょっとリーチが足りなすぎるな~と思って思い切って鎖鎌に変更。
上段構えの鎖鎌強攻撃は連打は出来ないですが、リーチは非常に長い。これだと思いました。
コウモリ女とは着かず離れずの距離をキープ。相手が蹴り技をしてきたら落ち着いて届かない距離まで
離れて強攻撃。焦らず一発ずつね。また衝撃波をしてきたら横に交わして強攻撃一発。
麻痺耐性のあるお守りなどを装備しておけば、麻痺攻撃による硬直時間が大幅に減りますのでお勧め。

厄介なのは両手を広げてのグルグル攻撃。出が速い上にリーチが長い。
後方に回避しても捕まる可能性が高いです。斜め後ろに回避すれば交わせますが、
出が速いのでとっさに出来ない可能性が高い。最初の一発目が当たらないくらいの距離をキープしましょう。
コウモリ女はそんなに打たれ強くは無いのでとにかく落ち着いて確実に一発ずつ当てていけば
結果としてそんなに苦労せずに倒せました。まあそれまでに20回ぐらい死んでいるのですがねヾ(;´▽`A``
この攻略は鎖鎌ありきなのでそれ以外の武器を使っている方には参考にならないかな。
つーか、正直刀で勝てる気がしない(´ヘ`;)

特筆すべきはリトライ時のロードの速さですね。これがブラッドボーン並みに遅かったら心が折れていたかもw
このような死にゲーにおいてリトライが速いのは非常にありがたいです。
またイース8のように前方回避を連打することでダッシュよりも早く移動できるので
ボスまでの道のりで時間が掛かることもなかったです。
特にこのコウモリ女は最寄の社から15秒ほどでいけるので心が折れずにすみましたw

コウモリ女まではサクサク進めることが出来たのでダークソウルと比べて難易度が低く、
ダークソウルに心を折られた人でもお勧めだよ♪と言いたかったのですが、こいつのせいで言えなくなった(⌒_⌒;
どうしても倒せない人はまれびと召喚で他プレイヤーに頼りましょう。


キャラの育成方法ですが、4Gamerさんが非常にわかりやすくお勧めの育成方法を解説してくれています。
「仁王」の序盤はこう戦え! 守護霊や装備の選び方,立ち回りなど“戦国死にゲー”に挑むプレイヤーへのアドバイス

私はフラゲしたのでプレイ前に読むことが出来なかったのですが、アクションが苦手な方は必見ですね。
特に最初の守護霊選びで「磯撫(いそなで)」を選択すると、
近接攻撃で敵を倒した際に体力が回復するらしいです。
知ってたら最初にこれを選んだでしょうね。私が選んだのは「禍斗(かと)」です。
攻撃力と気力回復速度が上がるのでアグレッシブにプレイしたい人向けですね。
初心者は磯撫を選ぶのがテンプレみたいです。


ファーストインプレッションとしてはこんな感じでしょうか。
ディアブロのようなトレハン要素が好きで、ダークソウルのような骨太なアクションも好きならば
買わない理由が無いって感じです。
難易度は高いですが、しっかりキャラを育成すれば必ず突破口が見える・・・はず(⌒_⌒;
この週末も久しぶりにゲームに没頭したいと思います♪

仁王 - PS4仁王 - PS4
PlayStation 4

コーエーテクモゲームス
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る


Amazonでは品切れみたいですね。
ただボリュームがかなり有りそうだしDLCも随時リリースされていくみたいですので
プレイしたい方はDL版を買うのもアリかもしれないです。

雑記

本日、ファイアーエムブレムヒーローズの配信が開始されました。
早速落としてプレイしてみましたが、結構快適です。
心配していたシミュレーションパートですが、指でなぞって直感的にプレイできます。

だた、4体しか戦闘に出せないのはちょっと寂しいですね。
あまり多いと1ステージが長くなっちゃうからでしょうかね。
スマホなだけにその辺りのバランスを考えた結果が4体なのかもしれませんね。

早速ガチャを1回やってみたところ、フィルが当たりました。
知ってるキャラのはずだけど登場作品を忘れてしまったのでググッたところ、封印の剣のキャラでした。
最初からキルソードを装備していますから結構強いんじゃないかな?レア度は星4つです。
スクリーンショットを撮ったので挙げようかと思ったのですが、転送できるケーブルが無かったorz

そういえば前の機種から買い換えてUSBがType-Cになったんだった。
最近めっきり画像をあげなくなったので気が付きませんでした。
え?あげなくなった理由ですか?面倒くさいからですヾ(;´▽`A``
でも画像が無いと読んでても記事にメリハリが無いというか、面白くないですよね。
反省して配慮いたしますのでしばらくお待ちください。クラウドサービスとかも使用を考えようかな。

話がそれましたが、まあなかなか面白いんじゃないでしょうか。
今のところメインストーリーも結構きびしめのバランスになっているように感じます。
でも死んでもユニットがロストするわけではないので安心ですね。
当然、基本無料でプレイできますので気になる方はプレイしてみればいいと思います。
ただ、ダウンロードが殺到してサーバーの負荷が高いのか、結構通信エラーが出てるみたいです。
私はたまたまかもしれませんが、一回もなってないです。もちろんAndroid版ですけどね(´・ω・`)

さて、実はファイアーエムブレムよりもはまっているスマホゲーがあります。
先週ぐらいからプレイを始めました。そのタイトルはずばり「KOF98」です。
もう世代的にストライクですw KOFは96~98ぐらいが一番プレイしました( ̄ー ̄)
もちろん格ゲーではなくなっています。RPGになっていますね。
戦闘はタイミングよくタッチしていくだけですが、快適です。

キャラも思い入れがあるキャラばかりです。ガチャだけではそう簡単に揃わないようになっていますね。
課金すればすぐ強くなるシステムってわけでは無いです。時間を掛けて素材を集めて強くなる必要があります。
スタミナ回復も課金にかかわらず、一日で出来る回数が限られているので必然的にプレイ時間も限られます。
のんびりまったりプレイする人向けですね。
120円課金すると不知火舞がもらえるので、もうちょいプレイして飽きなかったら課金しようと思います。
スマホゲーで課金するのは初めてになりますねw
戦闘以外のミニゲームも沢山あって飽きさせない作りになっています。
こんなバラエティに富んだゲームだとは思わなかったです。
KOFのキャラに思い入れがある方はプレイしてみては如何でしょうか。


一方、据え置きの方ですが、本日「LET IT DIE」が配信されました。
基本無料のゲームなんですが、18禁なのでダウンロードするのにクレジットカード必須で108円取られます。
あまり期待して無いのですが、ランダムダンジョンでハクスラ要素があります。
プレイ画面を見る限りはデッドライジング+ソウルシリーズといったところでしょうか。
アクションはあまり快適そうに見えないのと、敵がちょっと堅いのが気になりますが。
あと武器防具が壊れる消耗品と言うのも残念ですね。ディアブロ3みたいだったら良かったのに。

まあ来週発売の仁王までの繋ぎのつもりでプレイしてみたいと思います。
仁王楽しみですね♪海外のレビューサイトでも結構評価が高いので期待できそう。

あとFF15のアップデート情報ですが、不評だった13章のパッチは3月28日だそうです。
他にも色々快適になる要素があるアップデートみたいです。そこでプレイ再開してみようかな。

ボクシング雑記

ちょっと忙しくて更新が遅れてしまいました。

とりあえず三浦選手お見事!!
叩き上げのベテラン ミゲル・ローマン選手を見事12ラウンドKOで勝利!!
でも正直、かなり心臓に悪い試合でした(⌒_⌒;
9ラウンド終了の時点で自分の採点では負けてましたからね。

三浦選手の試合運びはとにかく見栄えが悪い。ガードも低いから細かいパンチをポコポコもらってしまう。
海外は手数を判定に取りがちなので、判定になると三浦選手にとってかなり分が悪いと思っていました。
でもそこは流石は三浦選手ですね。
迎えた10ラウンド終了間際にピッチャーのアンダースローのような角度から
えぐるようなボディへのボンバーレフト炸裂!
ローマン選手は悶絶してダウン。ラウンド終了間際だから立てましたが、ダメージはありありの様子。
11ラウンドで連打で更にダウンを追加。最終12ラウンドで狙い澄ましたボンバーレフトが顔面に炸裂!
KO勝利となりました。よかったよかった。

しかし三浦選手って本当に不思議な選手ですよね。
正直、ボクシングテクニックがあるようにはまったく見えない。
パワーはあるけどスピードはあるようには見えないし、パンチの回転も無い。ガードは緩々。
ステップワークもお世辞にも上手いとはいえない。あのランクならば上手い選手は山ほどいるでしょう。
加えて内山選手のような洗練されたスタイリッシュなボクシングでもないし、
山中選手みたいに間合いの達人のような上手いボクシングでもない。一言で言うと不恰好なボクシング。
でもなぜか左が当たるんです
もうね、四の五の言わず、左を当てさえすればいいんですよw 
観ている側としてはなんであんな大振りなパンチをもらうんだろうと思ってしまいますけどねヾ(;´▽`A``
対峙している相手にしかわからない駆け引きとプレッシャーがあるんでしょうね。
躊躇なくフルスイングで振り抜きますからね。確かにアレは観てて怖い。相手はもっと怖いでしょうね。
右のフックもジャブも全て左を当てるための伏線に過ぎないんですよ。左を当てさえすればいいんですw

不器用な分、応援したくなる選手であることは間違い無いですね。
是非王座に返り咲いて日本人の強さを世界に見せ付けて欲しいです。

そして次の相手ですが、こちらもひと波乱ありました。
なんと王者フランシスコ・バルガスが新鋭ミゲール・ベルチェルトに大激戦の末に敗れて陥落しました。
いや、良い試合でした。ベルチェルトいい選手ですね。全体的にバランスがいい。
長いリーチにスピーディでよく出る手数。パンチの精度も高くショートでの打ち分けも上手い。
強いですよこの選手。正直、三浦選手との相性は良いとはいえなさそう。
でも三浦選手ならやってくれると信じています!

敗れたバルガスですが、三浦選手、オルランド・サリド、そして今回のベルチェルトと激戦続きですね。
まさしく激闘王を名乗るのにふさわしいファイトぶりです。名勝負製造機ですね。
でも正直一年ぐらい休んでダメージを抜いたほうが良いんじゃないですかね。まだ若いんだし。
一年後ぐらいならロマチェンコがライト級に挙げているかもしれないから復帰しやすいかもw


同日にサンタクルスVSフランプトンのダイレクトリマッチと
マイキーガルシアVSデヤン・ズラティカニンのライト級タイトルマッチも行われていました。
まだ試合が観れて無いのですが、WOWOWで後日放送してくれないかな。

サンタクルスVSフランプトンは今回は僅差判定でサンタクルスが勝ったようです。
まあ正直この二人はどっちが勝ってもいいや(⌒_⌒;
どちらも強い選手であることは間違いないけど、どうも自分の中でのれなかったカードでした。

一方、マイキー・ガルシアVSズラティカニンはなんと3ラウンドKOでガルシアの勝利となりました。
凄いねガルシア。契約のゴタゴタがあって暫く試合が出来ず、昨年は久しぶりに1試合しましたが、
その後、試合感は取り戻せたのかどうか不安でしたし、ズラティカニンは強い選手なんでかなり心配しましたが、
杞憂でしたね。はやく試合が観たいです。


そういえば、今月のNumberですが、今回はボクシング特集となっています。
マイクタイソンからファイティング原田さんまで、
そして日本の現役ボクサーと元ボクサーが語る、歴代のPFPと現役選手のPFPは誰かなど、
あと山中選手と長谷川選手の対談など非常に読み応えのある内容となっています。
ボクシングファンは必見ですね。是非読んでみてください。
私も電子書籍で買いました♪

Number(ナンバー)920号[雑誌]Number(ナンバー)920号[雑誌]
Number編集部

文藝春秋
売り上げランキング : 278

Amazonで詳しく見る

ボクシング雑記

今週にバイオハザード7が発売されましたが、その出来はいかがなもんでしょうか?
私はこのシリーズは5で見限ったというか、6も発売から大分経った後にプレイしたのですが、
普通のTPSとしてみても酷い出来でした。このシリーズは4が最高傑作ですね。
5以降はCOOPに力を入れてしまってホラー要素もRPG要素も薄くなっちゃいました。

そんなわけで7は方向転換したみたいですが、評判は上々みたいですね。
ホラーとしてかなり怖い作品みたいです。
ボリュームがあまり無さそうなので中古の値崩れも早そう。DLCでどれだけ食い止められるかな。
私はDLC全部入りの廉価版が発売されたらプレイしたいと思います。


さて、今年一発目のボクシング雑記です。
興味の無い方は申し訳ないのですが、しばしお付き合いくださいヾ(;´▽`A``

まず今年一発目の注目の試合となります三浦選手、いよいよ明日出陣です!
相手はミゲル・ローマン選手。三浦選手よりも年下なのに既に65試合と三浦選手と比べて
倍ぐらいの試合数をこなしていますね。11敗と負けも多いように感じますが、
その中にはバビエル・フォルトナなど一流の選手も含まれます。
マッチメークで保護されず、叩き上げでここまでのし上がってきた選手ですね。
個人的にこういう選手は好きなので応援したいのですが、今回は三浦選手に勝ってもらわないと困りますw

この試合に勝てばタイトルマッチの挑戦権を得ることが出来ます。
挑戦するのは同日のメインイベントとなるフランシスコ・バルガスVSミゲル・ベルチェルトの勝者です。
バルガスは1年ちょい前に三浦選手と戦って、2015年年間最高試合に選ばれました。
この試合、三浦選手が後もう一歩ってところまで追い詰めたのですが、逆転KO負けとなりました。
是非ともリベンジして欲しいのですが、正直バルガスの王座陥落もありえます。
相手のミゲル・ベルチェルト選手はあまり知らないのですが、かなり強そうです。
同じメキシカン同士の戦いですね。どちらも好戦的な選手ですからバリバリの打ち合いになりそう。
メインイベントも楽しみです♪


さて、メキシカン同士の試合といえば、予想外のカードが決定しました。
なんとカネロ・アルバレスVSチャベスJRが5月6日に試合をすることで正式発表されました!
気になるウエイトは164.5ポンドのキャッチだそうです。ミドルとSミドルの真ん中ぐらいですね。
どちらも国内で絶大な人気を誇る選手。メキシコではさぞかし盛り上がっていることでしょう。
日本で例えると、山中選手と内山選手がフェザー級リミットぐらいのキャッチで試合をするようなもの。
と、いえばどれだけこのカードが凄いかわかっていただけるかと思いますw

カネロは完全にゴロフキンに照準を合わせたみたいですね。
チャベスJRのパワーを肌で感じることでゴロフキンのパワーに対抗しようと言うところでしょうか。
ゴロフキンに負けてない同級近辺のパワーファイターで話題のあるカード。素晴らしいですね♪
チャベスJRとはやるのにゴロフキンとやら無いのか?カネロは何をしたいの?
と批判するボクシングファンも多いですが、もちろん上記でも書いたとおり、
対ゴロフキン戦に備えてのマッチメークですよ。間違いなくね。
これで今年中にゴロフキン戦が実現しなかったら、私も豪快に手のひらを返しますw

去年の今頃ならゴロフキンと試合しても8:2ぐらいでカネロの負けかなと思っていたのですが、
今は6:4ぐらいまで来ているかな?去年のカネロは素晴らしかった。
スピードで勝るアミール・カーンを狙い澄ました一撃で決めて、
堅いリアム・スミスを下から崩してKOと波に乗っています。

一方ゴロフキンは昨年は雑魚と2階級下のチャンピオンをボコっただけ。
しかもケルブルッグとの試合は雑すぎて酷かった。
3月に控えているダニエル・ジェイコブス戦は大丈夫かな。ちょっと心配になりますね。

カネロがゴロフキンに勝ってももはや驚かないです。
チャベスJR相手に豪快なKO勝ちが出来たらもはや5分5分の対決になるでしょう。
心配なのはリバウンド王チャベスJRがちゃんと164.5ポンドの体を作ってこれるかに尽きますw


3月のゴロフキンVSジェイコブスのアンダーカードでロマゴンも試合をしますね。
相手はシーサケット・ソー・ルンヴィサイでまた強豪ですね。
ロマゴンの対戦相手はガチ路線過ぎて可哀相になるわ。本当、強いのとしかやってないですよね。
それで黒星無しなんだから本当に強いのがよくわかる。

この試合の勝者はカルロス・クアドラスとの試合が義務付けられるみたいですが、
そのクアドラスも同日同会場で試合するみたいですね。
相手はダビド・カルモナ。聞いたことあるなと思ったら去年の5月に井上君と戦った人だ。
井上君が拳を壊して失速したので判定まで行きましたが、クアドラスはこの相手をどう料理するでしょうか。
カルモナも悪い選手ではないのですが、クアドラスのスピードにはついてこれないでしょう。
私の予想としてはクアドラスの大差判定勝ちでしょう。落とせない試合ですし無理にKOを狙わないと思います。

井上君ですが、5月に八重樫選手とダブル世界戦を行うみたいです。
一応、ロマゴンとクアドラスにオファーを出したみたいですが、まあ5月は無理でしょう。
というか、自分たちの興行の都合に合わせてオファー出しても無理じゃないですかね。
向こうのスケジュールに合わせないと。大橋ジムが悪いのかフジテレビが悪いのわかりませんが・・・
ロマゴン戦が実現できなかったら大橋ジムもフジテレビも万死に値するぞマジで。

気になる井上君の5月の相手はどうなりますかね。また適当なランカーになるのかな?
井上君は間違いなく強いですが、残念ながら対戦相手の質はロマゴンには遠く及びません。
せめてエストラーダ戦が実現できればなぁ・・・
まあオファーを出したところでエストラーダ側が受けないでしょう。
ロマゴンに照準を合わせて井岡君との試合を避けて階級を上げたのに
ここで井上君のようなリスクの高い相手と試合をするとは思えないな。
あるいは井上君がメキシコに乗り込めば実現するかもしれませんがね。またはMSGとか。
ロマゴンVSクアドラスのアンダーカードでエストラーダと出来れば最高なんですがね。

そんなわけで井上君は5月は少しでも質の高い相手と試合が出来ればいいなと願います。
そういえばフライ級から上げて来たカシメロが居ましたね。
あとルイス・コンセプションも年末に負けて王座陥落したから今ならオファー受けてくれるんじゃないですかね。
願わくばこのくらいのレベルの相手と試合をして欲しいですね。

さて、2017年も注目のカードがまだまだあります。
キース・サーマンVSダニー・ガルシア
ジョシュアVSクリチコ など
あとパッキャオもコンスタントに試合をするみたいですし、今年も楽しみな一年になりそうです♪

プロフィール

yoshimaru

Author:yoshimaru
ゲームを愛する三十代後半の独男です。ゲーム暦25年で養った独自の観点でゲームを評価していけたらと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者購入予定
購入予定一覧です♪
無双☆スターズ (初回封入特典(王元姫用「かすみ」なりきり衣装&オプーナを最初から使える権利 ダウンロードシリアル) 同梱) - PS4 ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王 【早期購入特典】「TCGファイアーエムブレム0(サイファ)」限定カード1枚同梱
 
リンク
アクセスカウンター