ボクシング雑記

ボクシングの話題ばかりでごめんなさい。

正直ゲームはほとんどやっていません。村田選手の敗戦がショックで手につかないといいましょうか・・・
スマホのKOF98をプレイしているぐらいかな。PREYも買ってません。正確には売り切れていました。
週末にもう一度行きましたが売り切れのままで恐らくリピートを掛けてないんだと思います。
ニッチな洋ゲータイトルですしね。ホライゾンと違ってロングヒットしそうもないし。
ただ、体験版をプレイした限りは面白いと感じました。
グラはPS3レベルで解像度を上げただけって感じですがね(⌒_⌒;
安くなったら買おうと思います。

さて、村田選手の敗戦ですが、ようやく吹っ切れてきました。
いや、お前がかよって感じなんですが、世界を取った後の展開も色々妄想していたのでヾ(;´▽`A``
ただ、幸運なことにこの判定が物議を巻き起こして世界中でもかなり問題視されていますね。
ある意味、村田選手の名前が広まりましたw 試合は負けたけど得た物も確かにあったと思います。
今まで村田選手の実力を懐疑的な目で見ていた人たちも、今回の件で認めてくれたんじゃないですかね。

しかし意外なのは海外の著名人やエンダムの地元のフランスまでエンダムが勝っていたと言う意見を
ほとんどというか、まったく見かけないんですよね。
批判覚悟で正直に・・・正直に言いますと、私はエンダムの勝ちでもそこまでおかしい判定とは思わなかったんですよね
小声で言いますけどw 理由は2つ前の記事で言った通りです。
同じ意見の著名人が誰かしらいると思ったのですが(⌒_⌒;
まあいいや、私ごときの意見などどうでもいい。村田選手がこの結果を糧にしてくれることを祈るばかりです。
進退はまだ明言してませんが、ミドル級のトップクラス相手にこれだけやれるんだから引退はありえないでしょう。

それにしても試合後の村田選手の立ち振る舞いはお見事としか言いようが無い。アスリートの鏡ですよ。
子供をどついたり、外人選手に汚い言葉を浴びせて出場停止になるようなド底辺プロとは格が違いますね。
まあ部活動の延長のノリでやっている名ばかりのプロとゴールドメダリストを比べるのも失礼な話ですがw


さて、そう悲観的な話ばかりでもありません。今朝に凄いニュースが飛び込んできました。
亀海選手がなんとあのミゲール・コットと8月に対戦することが正式に決定しました!!
これは凄いことですよ!近年は衰えたとはいえあのコットと日本人が対戦するなんて。

先月の下旬ぐらいから噂はありましたが、先週ぐらいに流れたと聞いたのでがっかりしていたところ、
まさかまさかの正式決定ですよ。西岡選手VSドネアを上回るビッグカードですね。
亀海選手はキャリアの集大成を見せる試合となるでしょう。
勝算は正直低いと思いますが、ディフェンスの上手い亀海選手が一方的にやられることも無いでしょう。
今年一番のアップセットを期待したいですね。WOWOWはもちろん生中継してくれますよね?


続いて山中選手の防衛戦も決まりました。同じく8月で相手は同級1位のルイス・ネリーです。
危険な相手ですけど、モレノをもKOした山中選手なら大丈夫!と思いたい(⌒_⌒;
実際はフック系をブン回すサウスポーの危険なファイタータイプですね。
近年の山中選手はディフェンスに不安があるので心配ですね。
当然近接戦に持ち込んでくると思いますし。不安ですが楽しみですね。


亀田和毅君の試合も決まりました。相手はあのエリック・モラレスの弟、イバン・モラレスです。
これはまた絶妙なカードじゃないですか!和毅君の現時点での実力を計るのには非常にいい相手です。
もちろん負けるリスクもありますがね。
といっても私、イバン・モラレスの試合は去年のハスキンス戦しか見たこと無いですが。
ただハスキンスを物差しすると、岩佐選手と同等かそれ以上の強さがありそうです。
もちろん相性もあるので一概にそうとは言えないですがね。
でもこのレベルの相手にスカ勝ち出来るならかなり期待できますね。

和毅君はサウスポーに慣れておきたいとのことなのでタイトルはWBOのマクダレノ狙いでしょうか。
マクダレノはこの間の防衛戦メッチャ強かったですが(⌒_⌒;

ボクシング雑記

本日のボクシングの試合を語る前にまず一言言わせてください。

フジテレビこの野郎!!(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:ゴルァ!!
いくら八重樫選手の試合が早く終わってしまったとはいえ、
2時間の放送枠の内、半分が昨日のダイジェストじゃねーか!!
なぜ清水選手の試合を放映しないんだよ!!相手が東洋ランカーの日本人てことで楽しみにしてたのに・・・・
結果は1ラウンドKOで快勝だったみたいです。前回の試合で動きが凄くよくなっていたので観たかったな。
1ラウンドで終わったなら流す時間はたっぷりあっただろ(´ヘ`;)

まあ、2日目の視聴率は散々だと思いますよ。
私ですら鉄腕ダッシュとイッテQをザッピングしながら観てましたから(´-ω-`;)

まあいいや、それでは試合の感想を。

井上君お見事!!130点!!
まったく隙の無い試合運びで圧勝。正直相手が可哀相なぐらい(⌒_⌒;
サウスポーへのスイッチも飛び出して、攻めの引き出しの数を増やした感じでしょうか。
左が全体的にパワーアップしていますね。左ジャブも良かったしフィニッシュの左フックもお見事。
相手のパンチをかわしながらのカウンターフックですね。あれで倒せるのが凄い。
上体を後ろにそらしているから体重は乗っていないはずなんですが、
肩口から広背筋に掛けてのパワーが半端ないんでしょうね。背中もごつかったしな。

試合の組み立て方も良かったかな。
河野選手の時のようにかわす一辺倒ではなくしっかりとブロックもしていました。
順調に隙が無い選手に成長してますね。

次戦は9月アメリカと言うことでほぼ決まっているとか。本当ですかね、大橋会長(⌒_⌒;
9月と言うことはカネロVSゴロフキンのアンダーカードと言うことでしょうか?これは凄いことですよ。
相手はどうなるんでしょうか?これだけの大規模な興行なんでランカーと言うことは無いと思いますが。
同級王者のヘルウィン・アンカハスでしょうかね?
ただフィリピン人と日本人の試合をアメリカでやる意義があるだろうか。
ありえそうなのはバンダム級のザナト・ザキヤノフでしょうか。
今回も成立寸前までいったらしいですが、本当かどうかは知らんけど。
でもザキヤノフはゴロフキンと同じカザフスタン出身なんでありえそうですね。

ほぼ決まっているとの事ならば近いうちに正式発表もあるでしょう。期待して待ちたいと思います。

さて、八重樫選手は残念でしたね。
まあこういうこともありますよ。歴戦のダメージも溜まっているでしょうからゆっくり休んで欲しいです。
正直今回のタイトルマッチで一番敗北の可能性がありそうなのは八重樫選手だと思っていました。
スタイル的にメリンドとかみ合っちゃいそうだったので。それでも1ラウンドでKO負けは意外でしたが。

ボクシング雑記

村田選手世界タイトル奪取失敗で意気消沈しております(´・ω・`)

判定結果が物議を醸しているみたいですが、正直ありえた結果でした。
素人目ですが、私の判定もかなり競っていたので・・・・
それでもホームであることを加味して村田選手の2ポイントほどのリードでしたが。
解説は圧勝ムードでしたが、判定結果を聞くまでは凄く不安でした。
そして不安的中と(´-ω-`;)

解説の西岡さんもわかっていたと思います。
山中選手も判定がおかしいといっていましたが、正直本当は理解していると思います。

なぜこんな判定結果になったのか、原因は簡単です。
村田選手はあまりにも手数が少なすぎました。先に手を出していたのは常にエンダム。
村田選手は基本待ちで相手の打ち終りを狙っていく作戦でした。
作戦自体は上手く機能していたのですが、あまりに自分から手を出しませんでしたね。

この作戦を起用するにはポイントで勝とうと思うこと事態が間違いなんですよね。
当然先に手を出した方がポイント有利になります。攻勢点といってアグレッシブさが評価されるんです。
じゃないとカウンタータイプの選手が有利すぎますしね。
ガードをガチガチに固めてさあ来いって言っても普通はなかなか手を出さないですよ(⌒_⌒;

その点、エンダム選手は相手のホームであることをよく理解して自分から手を出していました。
たとえガードの上からでも手を出し続けていました。良いパンチをもらっても引くことなく手を出し続けました。
じゃあ手数を出していればポイント取れるのかよ!!と疑問に思う方もいらっしゃると思います。
その辺りの判断は正直難しいです。だからジャッジも大きくポイントが割れたんですよね。

実際にダメージを与えていたのは村田選手なのは間違いないです。ダウンも奪ったし。
相手の攻撃でも5ラウンドにちょっと良いパンチをもらったぐらいでほとんどクリーンヒットはもらいませんでした。
でもリスクを犯さなかったともいえます。あと判定基準として攻撃に結びつかないディフェンスは評価されません。
村田選手のガードはそう判断されたと思います。果敢に攻めていたのはエンダム選手でした。

正直勝てる試合でしたね。完全に作戦ミス。ダウン奪った後もっと行っておけば・・・・
勝ちたいというよりも負けるわけには行かないというのが透けて見えちゃいました。
気持ちはわかりますけどね。試合成立させるまでが大変だったみたいですし、
周りのサポートしてくれた人たちに常に感謝の気持ちを表していましたしね。
自分のために戦わず人のために戦ったというのだろうか。

でも村田選手がエンダムクラスの選手と互角以上にやれるだけの実力があるのはわかりました。
この敗戦を糧にして這い上がってくれればいいのですが、正直ミドル級は厳しいですね。
黒星がついて商品価値の落ちた村田選手にチャンスは回ってくるのだろうか。
一番ありえそうなのはエンダムとの再戦か。年末あたりに。
フジがまた大金積んで呼んでくれるなら。エンダムとしても悪い話じゃないと思いますしね。
どうせ上はゴロフキンとカネロ。他団体はサンダース。ランカーはジェイコブスにレミューなど。
今日の出来を見る限りは勝てそうに無いですしね。いや、村田選手が強くてそう見えたのかもしれませんが。

エンダムとの再戦が無ければランキング1位を取って指名挑戦者権を勝ち取るしかない。
でもそれはダイレクトにタイトルマッチをするより厳しいかもしれない。サバイバルですからね。

うーーーん、村田選手の今後のビジョンが見えない。
いや~、やっぱり今回はなんとしても勝たなきゃいけなかったな(´ヘ`;)
思い切ってスーパーミドルに上げる?何気に穴階級となっていますよね、今のスーパーミドルは。

今日は他に比嘉選手と田中選手が素晴らしい試合をしましたが、
気持ちが沈んでいるので語るのはまたの機会に(⌒_⌒;

雑記

ブログサボってすみません。一週間過ぎるのが速すぎるっちゅーの。
長期連休明けからの仕事は集中力が続かないですね。
5月病にかかる新社会人の方も多いみたいで気持ちはよくわかります(´・ω・`)

ゴールデンウィークのセールでウルフェンシュタイン以外にももう一本かいました。
EAのUFC2です。安かったしどうやら日本語版は発売されないみたいなので買っちゃいました。
キャリアモードでパッキャオみたいな外見の選手を作ってスタンド全振りでKO勝ちで連勝しています。
立ち技はよく出来ているのですが・・・やっぱりボクシングのゲームがやりたいよ(´Д`;)

ファイトナイトシリーズはもう発売されないのかな?E3での発表を毎年期待しているのですが・・・
シリーズ最後に発売されたファイトナイト チャンピオンは2011年発売でもう6年以上経っています。
その間タレントはかなり増えたんですがね。
ワイルダー、ジョシュア、コバレフ、ゴロフキン、カネロ、クロフォードにマイキー、ロマチェンコなどなど
そしてメイウェザーも入れて欲しいです。版権の関係上なのかシリーズに登場していません。
ボクシングは4団体あるし、その辺りも面倒くさいのだろうか。
UFCは選手は基本独占契約だと思ったので、ゲームに出すのが楽なのかな。
いっそ架空の選手だらけでも構わないのですがね。
キャリアモードなりのエディットを搭載してくれれば自分で作りますのでヾ(;´▽`A``
今年のE3も期待できないと思いますが、もし発表されたらFF7リメイクの時よりも興奮するかもしれません(⌒_⌒;

さて、来週にPREYが発売されます。
海外レビューも出始めましたね。
『Prey』海外レビュー

概ね高評価なのですが、IGNだけ4/10点となっていましたのでびっくりしてよく読んでみると、
どうやらレビュアーがバグに遭遇してセーブデータがクラッシュしたみたいですね(⌒_⌒;
ゲームの方は良い出来だとか。
うーん、そこを点数に反映されちゃうと・・・
いや、でもバグの多いゲームは評価されるべきではないし・・・難しいですね。
まあ、発生しているのはPC版みたいだし、PS4版は大丈夫っぽい。
とりあえず購入するつもりです。バイオショックの新作がなかなか発表されないので
これで楽しもうと思います。サブクエも豊富みたいですし、ボリュームは結構あるみたいですね。
楽しみです♪

仁王のDLCをプレイしていますが、
マリアさんが強すぎて詰まっています。
軽装装備はちょっと辛いか?かといって重装備にしてもあっという間に気力が切れる。
私の立ち回りが悪いんでしょうけどね。慣れてないですから(´-ω-`;)
赤鬼シリーズ好きなんだけどな。全部揃えると気力の回復も速くなるし。
まだサムライの道なのにこのあと強者に修羅もあるんですよね。先が長いな。
とりあえず諦めて強者の道を進めて装備を整えようかな。

ボクシング雑記

さて、昨日にカネロVSチャベスJRというビックマッチが実現しました!
気になる勝負の行方は・・・・
カネロがチャベスJRをボッコボコに(´・ω・`)

以上
うん、正直マジで語ることがあまりない。
判定でしたけどジャッジ三者ともフルマークでカネロという、
チャベスJRにとってある意味KOされるのより屈辱な結果となりました。
普通は優勢でもペース配分で休んだり流したりするラウンドがあるので
2ラウンドぐらいは取れるモンなんですけどね・・・・

もっとチャベスがパワーで圧倒するかと思っていたのですが、
前日計量の動画を見た時点で正直やばいと思いました。


チャベスJRの肌つやがよくないし、絞ったというよりやつれた感じ。カネロと厚みが違いすぎる。
164.5ポンドはチャベスJRにとってあまりに厳しいウエイトだったみたいですね。
それでもよく落としましたよ。意図的に超過する選手が多い昨今でしっかり落としてきました。
まあ、落とさないと大変な罰金を払うことになる契約だったみたいですが(⌒_⌒;

んで結果は先にも述べたとおり語ることがあまり無い。
12ラウンドにわたってチャベスJRをサンドバッグに。
でもカネロも一方的に打つのではなく、ロープ際まで下がってチャベスJRにあえて打たせたりして
しっかりガードし、打ち終りを狙ったりと、ゴロフキンを想定して色々と試している感じが伺えました。

とりあえずチャベスJRはお疲れ様でした。今度はちゃんとしたウエイトで再起しましょう。
なんだかんだで結構好きな選手だし、正直過小評価されていると思っているので応援したいヾ(;´▽`A``

そして試合後に9月16日にゴロフキンVSカネロが正式決定したみたいです。
ようやく決まりました。今年一番のビッグカードですね。楽しみです。
ウエイトはどうなるか決まっていないみたいですが、当然ミドル級の正規ウエイトでやりますよね?
そのためのチャベスJR戦だと思っていますんで。キャッチになったら萎えるなんてモンじゃないぞマジで。


さて、カネロVSチャベスJRですが、試合後はどこのスポーツ紙もほとんど取り上げていません(⌒_⌒;
かろうじてカネロVSゴロフキンが正式決定したとの記事をいつくか見かけただけ。
話題はもう亀田興毅VS素人4人の1000万争奪マッチばかりw

こんな企画に付き合う亀田君は本当に良い人ですね。
茶番だ!とかボクシングを冒涜している!とか言う方々もいるみたいですが、
そんなに肩に力を入れてみるような企画じゃないでしょ。
早い話、イキった素人を亀田君がボコって笑いものにする。そんな企画でしょ。茶番だ!ってそりゃ茶番だよ
相手だってホストにユーチューバー、元暴走族総長とかいかにもネットに篭っている人々が嫌いそうな面々w

こんな企画、亀田君には何のメリットも無い。負けはもちろん論外だし苦戦も駄目。
そして勝っても叩かれる。とにかく亀田嫌いだからひたすら叩く叩く叩く。ヤフコメの民度の低いこと低いこと。
そんななか、こんな企画をよく引き受けましたよ。
AbemaTVのサーバーがダウンしたとかで流石の桁違いの人気ですね。
かなりの宣伝効果があったでしょう。

結果もお見事で4人中3人KO、まあ最後の暴走族の人だけ倒せなかったみたいですが、
これも本人が凄いというより亀田君のスタミナ切れでしょう。1試合目でやってたら倒されていたでしょうね。
それにしても1試合目のホストは笑ったw 何だあの構え(⌒_⌒;
どうせ勝てるわけないんだから、それっぽい動きをしてかっこよく散ればよかったのに。
しかし亀田君、ホストの時だけ明らかに力が入っていたようなヾ(;´▽`A``
ど素人のクセにローブローのことで弄られて癪にさわったんだろうか。
ボディでくの字になったところから、容赦ない左フック炸裂。皆さんもスカッとしたでしょうw
そういった意味ではホストも立派に仕事をこなしましたね。

プロフィール

yoshimaru

Author:yoshimaru
ゲームを愛する三十代後半の独男です。ゲーム暦25年で養った独自の観点でゲームを評価していけたらと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者購入予定
購入予定一覧です♪
PREY 【CEROレーティング「Z」】[18歳以上のみ対象] ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱)
 
リンク
アクセスカウンター