FC2ブログ

ボクシング雑記

カネロ強し!!WBSS覇者のカラムスミスに圧勝!!
ダウンシーンこそなかったですが、大差の判定勝利。ここまで一方的になるとはね。

175センチのカネロに対してスミスは191センチ。身長差16センチに加えてリーチ差も20センチ近く。
この差にカネロはかなり苦労するのではないかと思ったのですが、流石ですね!
ぱっやりPFP1は伊達じゃない。特に目を見張ったのはディフェンス技術。
スミスの長いジャブをあっさりとかい潜り、懐で左右に動きながら連打。
しかもかなりの強打でガードの上からでもしっかりとボディを効かす。
対するスミスもアッパーで迎え撃つなどしましたが、これがなかなか当たらない。
カネロのボディが鋭くてスミスは脇を開けることも出来ず、なかなかクリンチにも行けません。

あとカネロの左のジャブも何度もスミスを捉えていたのはビックリですね。
あの位置から当たるんかいってくらい、踏み込みが鋭く、腕も伸びますね。不思議だな~w

大体このような身長差がある組み合わせだと、小さい方が大きく距離を取って
飛び込みながら攻撃→即クリンチみたなグダグダな流れになりがちなんですけどね。
清水聡選手の相手なんか特にそんな感じのが多いですね。
でもカネロはそんな低レベルな攻めはしない。しっかりとガードを固めてさっと潜り込む。
クリンチも自らすることはほとんど無かったですね。それだけ相手の攻撃がよく見えているのでしょう。

165センチと小柄な井上選手も今後階級を上げていくにあたって、大きい選手との対戦は避けられません。
スーパーバンタムのレイ・バルカスなんか180センチ近くありますからね。
カネロの闘い方はかなり参考になるんじゃないですかね。

そういえば本日もう一試合注目していた試合がありまして、
エマニュエル・ロドリゲスvsレイマート・ガバリョです。
本来はドネアのはずだったのですが、直前にコロナにかかってしまって代役でガバリョとなりました。
試合内容はロドリゲスがガバリョの強打をほぼ完ぺきに封殺し、
カウンターでポイントを稼いだように見えたのですが判定はなんとガバリョの勝利。
まさしく村田選手vsエンダム1のような判定になってしまいました。
海外でもかなりの物議を醸しているみたいですね。

これはちょっとロドリゲスが可哀そうですね。ただジャッジアピールが足らなかったのも確かですね。
全体的に地味なロドリゲスと動きが派手なガバリョで素人目からだとガバリョが有利に見えてしまったかも。
ん?ジャッジが素人目?それくらいのつもりでやれってことですよw
カウンターで何度もガバリョをぐらつかせたんだからリスクを冒してダウンの一つでも奪っておくべきでした。
ブランクがあったとはいえちょっと慎重すぎましたね。

試合後も喜びを爆発させているガバリョに比べて対照的にうなだれているロドリゲス。
メンタルが心配ですね。8月ぐらいのインタビューでも試合が何度も飛んでかなり精神的に来てたみたいですし。
今回も相手が二転三転しましたしね。ドネアが直前まで諦めていなかったみたいですし。
このまま腐らなきゃいいんだけどな。

ただ、ロドリゲスの今日の出来だと相手がドネアだったら厳しかったかもしれませんね。
攻めのバリエーションはガバリョとは比べ物になりませんからね。
つーか、ガバリョは中間距離でジャブと左右のフックしか振るえんのかいw


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshimaru

Author:yoshimaru
ゲームを愛するアラフォーのオッサンです。既婚者になりました。ゲーム暦35年で養った独自の観点でゲームを評価していけたらと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者購入予定
購入予定一覧です♪
 
リンク
アクセスカウンター