FC2ブログ

ボクシング雑記

先月はボクシング業界に色々と動きがありましたね。
ここらでちょっと纏めたいと思います。

まずWBSSバンダム級本命と呼ばれている井上選手の試合が10月7日に横浜アリーナで行われます。
対戦相手は山中選手と激闘を繰り広げたモレノに勝った事もあるファン・カルロス・パヤノです。
この試合で英大手ブックメーカーがつけたオッズは井上選手の勝利になんと脅威の1.03倍(⌒_⌒;
こりゃ賭けにならんね。確かに私の予想も井上選手勝利ですがねw

サウスポーのパヤノが得意のラフファイトで引っ掻き回すことができるかもしれませんが、
それでも井上選手に勝てそうにないですね。これといった武器が無いんだよな。
某スポーツ新聞ではパヤノをスピードがあるテクニッシャンタイプと分析していましたが、そんなタイプではないぞ。
どちらかと言うと頭から突っ込むゴリ押しファイターで泥臭く戦うタイプ。
まあ判定まで行けば大したもんです。つーか、マジで頑張って欲しいです。
バッティングで流血とかして井上選手にとっても試練となるような試合であって欲しいな。
そろそろ追い詰められた時の底力が見たい。

ちなみに同日に同会場にてスーパーライト級WBSSの一回戦も行われます。
対戦カードはキリル・レリク VS エドアルド・トロヤノスキー
かなりの好カードですし、なんとこの2人が日本で見られるとは(⌒_⌒; 
2人とも疑いようの無い強豪ですが、残念ながらボクシングファン以外にはまったく知られていないであろう両者。
井上選手の試合は普段ボクシングをあまり見ない方も沢山会場に足を運ぶでしょう。
歓声の無い静かな雰囲気の中で試合するんでしょうね。不憫だな。
ちなみにトロヤノスキーは日本の小原佳太選手にも勝った実績があります。

さて、続きまして村田選手の防衛戦です。
紆余曲折の末、10月20日に同級2位のロバート・ブラントとラスベガスで対戦することが決定しました。
散々ロバートブラントとはやらないと言っておいてからの電撃決定。昨年のエンダム再戦を思い出しますね。
本田会長の考えていることがわからん。駆け引きと言うよりも最終的にこうせざるを得なかったように見える( ̄ー ̄;

まあ、当の村田選手は全然動じていないようですし、
むしろ交渉時点で相手陣営の態度にかなり腹を立てているようで珍しくKO宣言が出ていますね。
いや、いつも倒すことは心がけていると思いますが、ここまで感情をむき出しにしたのは今回が初めてかな。
ちょっと力まないか心配ですけど、頭の良い村田選手のことですからこれも駆け引きなのかもしれません。

対戦相手のロバートブラントですが、正直良く知らないですヾ(;´▽`A``
戦績は立派ですし、昨年にスーパーミドルでWBSSに参戦したみたいですね。
今回はミドル級で減量は大丈夫なんですかねぇ。
Youtubeで動画をいくつか見てみましたが、オーソドックスで積極的なスタイル。
倒せる右もありますし思いっきりも良いですね。
ボクシングファンの間ではエンダムよりも実力は上と評価する方も多いとのこと。
ただ、個人的な印象としてはガードが低い相手と派手な打ち合いを制しているイメージがあるかな。
ガードの堅い村田選手に果たして通用するかね。冷静に打ち終わり狙われ削られて
後半失速→KO負けってパターンが一番ありえそう。
ただ今回は敵地アメリカですし、
村田選手もエンダム一回目の時の様に見過ぎているとポイントを奪われる可能性があるから要注意ですね。
まあこんなこと言われるもまでも無いですよね。村田選手だからその辺りは大丈夫でしょうヾ(;´▽`A``

ちなみにこの試合に勝てば来週に行われるカネロvsゴロフキンの勝者との対戦が内定しているとか。
本当かどうかイマイチ信憑性にかけますが( ̄ー ̄;
カネロとゴロフキンどちらが勝つかは正直まったくわかりませんw
希望としてはゴロフキンに勝ってほしいです。が、予想するならカネロの判定勝ちかな。
でも村田選手と対戦することも考えるとやっぱりゴロフキンに勝ってほしいですね。

ぶっちゃけゴロフキンなら勝算は結構あるんじゃないかと思っているので。相性的に。
ゴロフキンなら単純なパワーvsパワーの構図になると思います。
衰えの見え始めた今のゴロフキンなら丁寧に削っていけば割といけるんじゃないかと思っています。
もっとも村田選手がゴロフキンにパワー負けしないことが大前提となりますがね。
パワーで押し込まれるようなら目も当てられない結果になりそう。でもそうはならないと思います。

一方カネロだと・・・これはもう最悪の相性だと思います。
近い距離から速射砲のようなスピードのあるコンビネーションから抜群のディフェンス力。
またロープ際の攻防も上手く、追い詰めたと思ってもあっさりと体を入れ替える技術も持っています。
村田選手も堅いガードから致命打はもらわないでしょうけど、
パンチのバリエーションの少ない村田選手の攻撃がカネロを捕らえるとはどうしても考え難い。
12ラウンド終わってみればフルマークで判定負けって展開も十分に考えられる。
そんなわけで今後の展開も考えてゴロフキンになんとしても勝ってほしいです。

最後に明日井岡選手の復帰戦が行われます。
なんとTBSが当日深夜0時50分から録画ですが放映してくれます。これはTBSグッジョブ!!
出来ればエストラーダの試合も見たいけど、放送時間から流石に無理っぽいかな。
でも井岡選手の試合が見れるだけでも万々歳です。
そして相手はマックウィリアム・アローヨで昨年の井上選手の対戦候補に名前が挙がったこともあります。
フライ級のロマゴンに判定まで粘り、その後約2年のブランクを作ることとなりますが、
復帰戦で階級を上げて一戦目があの強豪カルロス・クアドラス相手にきっちり勝っています。

井岡選手の復帰第一戦目としてはかなり厳しい相手。はっきり言って普通に負けることもあると思います。
でもなんとしても勝ってドニーニエテスに挑戦して欲しいですし、うっとおしいアンチも黙らせてほしいw
明日は全力で応援したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshimaru

Author:yoshimaru
ゲームを愛するアラフォーのオッサンです。既婚者になりました。ゲーム暦35年で養った独自の観点でゲームを評価していけたらと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者購入予定
購入予定一覧です♪
【PS4】CODE VEIN【予約特典】描きおろし「CODE VEIN」&「GOD EATER」コラボデザインの特製クリアカード (パッケージ版限定) 、「GOD EATER」コラボ武器セットとBGM付き豪華PS4用オリジナルテーマが入手できるプロダクトコード (付) 【早期購入特典】ゲーム内で「吸血牙装オウガ 亡蝕の爪牙 (男女セット) 」が入手できるプロダクトコード、特製リバーシブルジャケット (パッケージ版限定) (封入) レッド・デッド・リデンプション2【CEROレーティング審査予定 (「Z」想定) 】 (【数量限定特典】軍馬と無法者サバイバルキットが手に入るプロダクトコード 同梱) 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 付
 
リンク
アクセスカウンター