ボクシング雑記

三浦選手残念でした。ダウンも奪われ完敗と言っていい内容でしょう。

ベルチェルトはボンバーの的を絞らせず、絶えず動き三浦選手の右に回りこむ。
常に遠い間合いをキープし、詰めて来たらクリンチ。前戦のバルガス戦のようにガンガン前に出てきません。
距離が合わないボンバーはむなしく空を切ります。空を切っても迫力はありましたがねw
中盤にボディ狙いに切り替えてかなり効かせましたがベルチェルトもペースを渡しません。

あれだけ動き回っている上にボディも叩かれれば後半はスタミナ切れで失速すると思っていたのですが、
最後まで走りきりましたね。強いチャンピオンです。三浦選手の不器用さがもろに露呈してしまった試合でした。
でも三浦選手も1ラウンドのダウンから良く盛り返しました。正直秒殺あるか!?とハラハラしながら見ていましたw
しかし二人とも身長とリーチはほぼ同じのはずですが・・・ものすごいリーチ差を感じました。

それでも点差ほどの実力差は感じませんでしたけどね。ボディはかなり効いていたのは事実ですし。
でもまあ、ポイントを振るならベルチェルトのラウンドがほとんどでしたね。空振りは印象が悪い。
流石にフルマークはやりすぎでも三浦選手が明確に取ったと思えるラウンドは2~3ラウンドぐらいかな。

それにしても三浦選手の引き出しの少なさは今更言ってもしょうがないですが、もうちょっと何とかならないかな。
近接戦でのショートアッパーとか、あと右フックも結構捕らえていたので
山中選手みたいにもうちょっと有効に使いたいですね。
まだまだ伸びしろがありそうなので復帰戦に期待したいです。これで終わらないでしょう。

そして内山選手ならあるいはベルチェルトを何とかしてしまうかもしれない。
中間距離の差し合いなら内山選手も望むところでしょうし、決して相性は悪くないと思います。
ただベルチェルトがバルカス戦のようにガンガン前に出てきたら・・・やばいかも。
内山選手も打たれ強くはないですし、打たれ強い三浦選手さえもダウンを喫しましたからね。
でも見たいな~、年末の試合を見て正直内山選手はもう引退でも構わないと思っていたのですが、
やっぱり他にも強い日本人はいるぞ!と言うところを見せ付けて欲しいな~


内山選手といえば因縁のコラレスですが、
本日アンダーカードでのロビンソン・カスティジャノスとの試合が行われました。
結果は・・・うーん、コラレスは入れ込みすぎって奴でしょうか。
いいところを見せようと力が入りすぎていたように見えましたね。

1~2ラウンドは超人的な動きを見せましたが、
徐々に失速、というかカスティジャノスが見事な対応力を見せました。
いや、カスティジャノスは普通にいい選手ですね。泥臭いけどガンボアに勝ったのは伊達じゃないですね。
コラレスは4ラウンドにダウンを2度奪われて大ピンチを迎えますが、
何とか凌ぎきってから7ラウンドに反撃に出てダウンを奪い返します。

序盤はコラレス、中盤はカスティジャノス、後半はお互い一歩も譲らずの好試合でしたが、
迎えた10ラウンドにバッティングによりカスティジャノスが目じり辺りをカットし試合続行不可、判定となりました。
結果は2-1でコラレスの薄氷の勝利となりましたが、場内はブーイングの嵐。これはリマッチがあるかも。

さて、来月以降はコットVS亀海選手、カネロVSゴロフキン、
そしてメイウェザーVSマクレガーもありますね。この試合に関しては思っていることを後日書きたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshimaru

Author:yoshimaru
ゲームを愛するアラフォーの独男です。ゲーム暦30年で養った独自の観点でゲームを評価していけたらと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者購入予定
購入予定一覧です♪
アサシン クリード オリジンズ 初回生産限定特典 追加ミッション「最初のピラミッドの秘密」ダウンロードコード封入 数量限定初回特典 アサシンクリード オリジンズ オリジナルサウンドトラックCD付 真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY
 
リンク
アクセスカウンター