ボクシング雑記

パッキャオ、無名の若手ジェフホーン相手にまさかの黒星!!大波乱ですね。

ホーンが体格差を生かしたフィジカルゴリ押し作戦にパッキャオは最後までリズムに乗れず。
9ラウンドに見せ場を作りましたが、全体を通しては終始押され気味で試合終了のゴングを聞くこととなりました。

いや~、ジェフホーンお見事。この試合にボクシング人生の全てをかけていたのが良くわかります。
彼が取った作戦はとにかく引かない。左右に動きながら前に出て手を出し続けること。
更に体格差を活かしゴリ押しでパッキャオをロープにつめる。
そして間合いが近づいたら上から覆いかぶさるようにクリンチ(&バッティング)。
パッキャオの攻撃のリズムを作らせません。スタミナもゴリゴリ奪われる。

しかしこんな作戦、当然今まででも同様の作戦を取った相手は居たわけで。
いつものパッキャオならサイドステップでサッと交わして左をバチコーーンと当てたり、右からのコンビネーションを
ねじ込むのですが、今日のパッキャオはなぜか足が動かない。フットワークが鈍い。まっすぐ下がるだけ。
はっきりいって出来が悪い。どうしたパッキャオ!?
ロープを背負ってホーンの連打をガードの上から食らってニヤっと笑うシーンが何回かあったパッキャオですが
見ている側からしたら余裕はまったく感じられなかったです。苦し紛れと言うか・・・

確かにジェフホーンも頑張りました。あれだけ飛ばせばスタミナが切れて途中に失速するだろうと
思ったのですが、確かに動きは落ちましたが最終ラウンドまで粘りましたからね。9ラウンドは危なかったですがw
でもそれ以上にパッキャオの出来の悪さが目立ちましたね~
ホーンのパンチの精度はハッキリいって低かったです。クリーンヒットはパッキャオの方が多かったという意見もあり
判定結果が物議を醸している見たいですが、いや、これは流石にホーンの勝ちでいいんじゃないかね。
終始ロープを背負わされていたので印象が悪かったです。

今日のパッキャオの出来の悪さが年齢から来る衰えなのか、
議員と二足の草鞋を履いている影響による練習不足なのかはわかりません。
解説の浜田剛史さんはパッキャオが相手を舐めていたと言っていましたが、確かにそれもあるかも。
というのも今日のパッキャオはなんか緻密な作戦を練っていたようには見えなかったんですよね。
行き当たりばったりと言うか、いつも通りにやれば勝てるだろう見たいな感じで。
いや、わからないですよ。もしかしたらホーンが強くてやりたいことをやらせて貰えなかったのかも知れないですが。
ただ前回のジェシーバルカス戦は凄く考えて戦っているように見えたので・・・・
バルカス戦の出来なら今日は問題なく勝てたと思うのですがね。まあそんなこと言ってもしょうがないけど。

リマッチはあるのかな~。正直あまり興味ないな。
ここからはもう衰えていくだけでしょうし、勝った負けたを繰り返すことになりそう。
あまりこんな事言いたくないですが引き際かもしれませんね。


アンダーカードの帝里木下選手VSアンハカスですが、
一方的な展開でアンハカスの勝利。木下選手ほぼ何も出来ず・・・残念でした。
アンハカス強いですね。隙のないボクシングで圧倒しました。井上君でも簡単に勝てないぞこりゃ。
井上君がロマゴンとの試合が流れたら是非年末にやって欲しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshimaru

Author:yoshimaru
ゲームを愛する三十代後半の独男です。ゲーム暦25年で養った独自の観点でゲームを評価していけたらと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者購入予定
購入予定一覧です♪
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱)
 
リンク
アクセスカウンター