仁王 インプレッション、感想など

水曜日に仁王をフラゲ出来たので現時点で10時間ほどプレイしました。
ただいま3体目のボスである通称「コウモリ女」を倒したところです。
現時点での感想を簡単に述べたいと思います。

現時点、あくまで現時点の感想ですが、これ「神ゲー」じゃね?
FF15以降、ちょっとゲーム熱が冷めてて最近はスマホゲーなんかをチクチクプレイしていましたが、
久しぶりに時間を忘れてプレイに没頭しています。あの微妙なα体験版からよくぞここまで持ち直したな。

ゲームシステムとしては体験版も3度も配信されたので言わずともかなですが、
ダークソウル+ディアブロ3ってところでしょうか。
アクションはニンジャガイデンを彷彿させるスピーディな戦闘です。チームニンジャお得意のアクションですね。
しかもそれが今のところ、実に上手く各ゲームの良いところ取りが出来ているように感じます。
ダークソウルにトレハン要素が加わっただけでここまで没頭できるのかって感じです。面白い。

ステージ構成はダークソウルのように全ステージが繋がっているのではなく、
デモンズソウルのようにステージ選択型となっています。
ボスを倒すとクリアでステージ選択画面に戻ります。
クリア後も同じステージで同じボスに挑むことが出来るのでトレハンが捗りますw
またステージクリア後はサブクエが発生し、これを選択するとスタート地点と敵の配置などが変わっているので
また違った印象でプレイできます。この辺りは本当にディアブロっぽいですね。

拠点には鍛冶屋もありまして、武器防具の作成や合成が出来ます。
武器防具の作成はディアブロやディヴィジョンっぽいです。付加効果はランダムでつくみたいですね。
合成(魂合わせ)はちょっとまだ理解しきれてないのですが、レベルの低い武器に対してレベルの高い武器で
魂合わせを行うと素材にした武器のレベルまで上がるみたいです。
愛着のある武器があったら魂合わせを行うことで武器の寿命が延びるイメージかな。
私は刀を主に使っているのですが、愛用している刀は序盤に取ったものです。
特殊効果で雷属性が付加されていて斬ってて気持ちがいいので魂合わせを駆使して未だに使っていますw
ただ、魂あわせに掛かる金額高すぎ(´・ω・`)
何度も出来るものでも無いのでよく考えてから実行しましょう。
「打ち直し」は武器に付加されている効果を変化させることが出来ます。効果はランダムで付きます。


アクションの難易度ですが、体験版よりも随分と楽になっているように感じました。
でもまあ初見殺しの罠はありますし、囲まれたらボコボコにされるので立ち回りが非常に重要なのは
ソウルシリーズと変わらないですがね。

3体目のボスの通称「コウモリ女」まではサクサク進めることが出来ました。コウモリ女まではね・・・
このコウモリ女強すぎね?ヾ(;´Д`●)
軽く20回は死んだかな。ここまでサクサクだったのに途端に難易度が跳ね上がったイメージ。
ダークソウル3で言うところのサリヴァーンクラスの強さに感じました。
衝撃波を食らうと麻痺して成す術なく殺される。
攻撃モーションも速く、ダメージがデカい。数発で殺されます。
とりあえず何度もリトライを繰り返して攻撃パターンを見極めていきました。

私が何とかコウモリ女を倒した方法を下記に示します。

私は刀を主に使っているのですが、ちょっとリーチが足りなすぎるな~と思って思い切って鎖鎌に変更。
上段構えの鎖鎌強攻撃は連打は出来ないですが、リーチは非常に長い。これだと思いました。
コウモリ女とは着かず離れずの距離をキープ。相手が蹴り技をしてきたら落ち着いて届かない距離まで
離れて強攻撃。焦らず一発ずつね。また衝撃波をしてきたら横に交わして強攻撃一発。
麻痺耐性のあるお守りなどを装備しておけば、麻痺攻撃による硬直時間が大幅に減りますのでお勧め。

厄介なのは両手を広げてのグルグル攻撃。出が速い上にリーチが長い。
後方に回避しても捕まる可能性が高いです。斜め後ろに回避すれば交わせますが、
出が速いのでとっさに出来ない可能性が高い。最初の一発目が当たらないくらいの距離をキープしましょう。
コウモリ女はそんなに打たれ強くは無いのでとにかく落ち着いて確実に一発ずつ当てていけば
結果としてそんなに苦労せずに倒せました。まあそれまでに20回ぐらい死んでいるのですがねヾ(;´▽`A``
この攻略は鎖鎌ありきなのでそれ以外の武器を使っている方には参考にならないかな。
つーか、正直刀で勝てる気がしない(´ヘ`;)

特筆すべきはリトライ時のロードの速さですね。これがブラッドボーン並みに遅かったら心が折れていたかもw
このような死にゲーにおいてリトライが速いのは非常にありがたいです。
またイース8のように前方回避を連打することでダッシュよりも早く移動できるので
ボスまでの道のりで時間が掛かることもなかったです。
特にこのコウモリ女は最寄の社から15秒ほどでいけるので心が折れずにすみましたw

コウモリ女まではサクサク進めることが出来たのでダークソウルと比べて難易度が低く、
ダークソウルに心を折られた人でもお勧めだよ♪と言いたかったのですが、こいつのせいで言えなくなった(⌒_⌒;
どうしても倒せない人はまれびと召喚で他プレイヤーに頼りましょう。


キャラの育成方法ですが、4Gamerさんが非常にわかりやすくお勧めの育成方法を解説してくれています。
「仁王」の序盤はこう戦え! 守護霊や装備の選び方,立ち回りなど“戦国死にゲー”に挑むプレイヤーへのアドバイス

私はフラゲしたのでプレイ前に読むことが出来なかったのですが、アクションが苦手な方は必見ですね。
特に最初の守護霊選びで「磯撫(いそなで)」を選択すると、
近接攻撃で敵を倒した際に体力が回復するらしいです。
知ってたら最初にこれを選んだでしょうね。私が選んだのは「禍斗(かと)」です。
攻撃力と気力回復速度が上がるのでアグレッシブにプレイしたい人向けですね。
初心者は磯撫を選ぶのがテンプレみたいです。


ファーストインプレッションとしてはこんな感じでしょうか。
ディアブロのようなトレハン要素が好きで、ダークソウルのような骨太なアクションも好きならば
買わない理由が無いって感じです。
難易度は高いですが、しっかりキャラを育成すれば必ず突破口が見える・・・はず(⌒_⌒;
この週末も久しぶりにゲームに没頭したいと思います♪

仁王 - PS4仁王 - PS4
PlayStation 4

コーエーテクモゲームス
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る


Amazonでは品切れみたいですね。
ただボリュームがかなり有りそうだしDLCも随時リリースされていくみたいですので
プレイしたい方はDL版を買うのもアリかもしれないです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

仁王予想以上に評判も良く面白い作品っぽいですね~!
自分だったら協力プレイに頼って進めてしまいそうですw
ドラクエハマってるんですけど、こっちも買ってしまおうかな;

Re:mtgさん

> 仁王予想以上に評判も良く面白い作品っぽいですね~!
> 自分だったら協力プレイに頼って進めてしまいそうですw
> ドラクエハマってるんですけど、こっちも買ってしまおうかな;

正直、ここまでとは思いませんでした。完全に侮っていましたよ(^_^;
スピーディな戦闘でスタイリッシュに立ち回れるのでダークソウルよりも好きかもw
結構売れてるみたいで近所のお店は全滅ですね。
新規IPなんで発注も絞ったんでしょうね~

ぬぬぅ

仁王やっぱ面白いんすねorz

僕はまだ買ってませぬ。
FF15が終わってないし、ダークソウル3の1つ目のダウンロードコンテンツも放置のまま‥‥。

ニーア、フォーオナー、ホライゾンはどうしたらいいんだ!!
となってます。

そこへ来てスルーするつもりの仁王が面白いだと!?

ど、どうすれば‥‥‥。

Re: 眼鏡人さん

> 仁王やっぱ面白いんすねorz

かなり面白いですね。正直ソウルシリーズよりも好きかも。
難易度高いですが、こちらの方が色々と救済アイテムがあってアクション苦手な人向けかもですw


> 僕はまだ買ってませぬ。
> FF15が終わってないし、ダークソウル3の1つ目のダウンロードコンテンツも放置のまま‥‥。
>
> ニーア、フォーオナー、ホライゾンはどうしたらいいんだ!!
> となってます。

私はこのままだとニーアはスルーになりそうです。
その内プレイするとは思いますが、あと一週間で仁王をクリアできる自信が無いです(^_^;
なんとかホライゾンまでにはクリアしたいかなと。
フォーオナーは鯖がまだまだ不安定みたいですから落ち着くまでは様子見ですね。

> そこへ来てスルーするつもりの仁王が面白いだと!?
>
> ど、どうすれば‥‥‥。

YOU!買っちゃいなよ!!
買わないで後悔するより買って後悔しろ!が私の友人の名言ですw
プロフィール

yoshimaru

Author:yoshimaru
ゲームを愛するアラフォーの独男です。ゲーム暦30年で養った独自の観点でゲームを評価していけたらと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者購入予定
購入予定一覧です♪
アサシン クリード オリジンズ 初回生産限定特典 追加ミッション「最初のピラミッドの秘密」ダウンロードコード封入 数量限定初回特典 アサシンクリード オリジンズ オリジナルサウンドトラックCD付 真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY
 
リンク
アクセスカウンター