FC2ブログ

無念、二ノ国2 プレイ断念

二ノ国2プレイ断念しました。無念です。
一応、メインストーリーは女王の国シーラザラカンまでクリアしました。

いや~、限界です。ストーリーが酷い。
私はゲームにおいてストーリーはあまり気にするほうではないのですよ。
批判されているFF12だって全然気にならなかった。
ただ、この二ノ国2は・・・先日も言いましたが、先の展開がまったく気にならん。
ストーリが淡白なら淡白でもいいんですよ。ただこの作品は無理に感動させようとして思いっきりスベってます。
目の前でキャラが悲壮的なことを言っても、正直「知らんがな(´・ω・`)」って感じになります。
もうね、キャラの掘り下げが圧倒的に足りてない。こりゃ無理ですぜ日野さん(;´-`)

シーラザラカンクリア後に新たに仲間が増えるのですが、
まさかこんな薄いキャラがメインキャラになるとは思わなかった。
つーか、なんでついてくんの?仲間になる理由がわからん。とりあえず感が酷い。

加えて先日も述べた戦闘バランスの酷さも相まって、完全にプレイ意欲が消失しました。
ちなみに賛否と言うか圧倒的に非が多い進軍モードですが、
個人的な感想としては糞つまらないです(´・ω・`)b 
もうちょっとSLG要素があると思ったのですが、まさか王子1人しか操作できないとは・・・
出来の悪いピクミンみたいな感じです。
でもレベル5らしい遊び心としてはありなんじゃないかな。他がしっかり作られていればですけどw

結局、このゲームは風蛇の谷あたりまでがピークだったな。
ゴールドパウンド辺りから酷いお使いの連続に「ん?」ってなってシーラザラカンで心が折れた。

4年もかけた力作とのことですが、もうちょっとストーリーとか何とかならなかったのかな。
ここまでだと小説家志望の高校生が一ヶ月ぐらいで考えたようなストーリみたいですよ(⌒_⌒;
ジブリが好きで買った人はがっかりするよ多分。
戦闘バランスももうちょっとつめられたんじゃないの?RPGが好きで買った人はがっかりするよ多分。
まあ、この辺りはどういった層に向けて作られたゲームかで一概に批判も出来ませんが。
UI周りは素晴らしく非常に遊びやすく作られているだけにもったいない。

そんなわけで本日売却しました。あとFE無双も一緒に売って来ましたw
二ノ国2プレイ断念後にちょっとプレイ再開したのですが、やっぱり面白くない。
いい値段で売れたのでファークライ5を買った・・・・わけではありません。
ファークライ5ですが、今作はPERKの取得がチャレンジ方式と聞いてちょっとやる気が失せました。
なんで?って下手糞だからに決まっているでしょう(´・ω・`)

代わりに買ったのがスイッチ版ゼルダ無双。
いや、FE無双が合わなくて売っったのに買ったのがゼルダ無双って馬鹿なの?ってお叱りを受けそうですがw
でもPV見る限り、FE無双よりも遥かに力を入れて作られてそうですし、
3DS版を挟んで今回で2度目のリメイクですからね。DLCや3DS版の追加要素も全部込みですし、
長く楽しめそうなのでとりあえずプレイしてみたくなりました。
どうせ任天堂のゲームはそう簡単に値崩れしないし、合わなければ売ればいいやの精神でヾ(;´▽`A``

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX - Switchゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX - Switch
Nintendo Switch

コーエーテクモゲームス
売り上げランキング : 50

Amazonで詳しく見る

二ノ国2 プレイ中ですが、ちょっと雲行きが・・・

先日のインプレッションで良作としましたがちょっと待ってください(A;´・ω・)
ただいまプレイ時間は13時間ぐらい。
船を手に入れて女王の国に言った辺りなんですが、正直飽きてきた(´-ω-`;)
うーーーん、何でだろう。凄く丁寧に作られているのはわかるのですが・・・

一つ一つ原因を突き詰めていきましょう。
まずイマイチやる気が起こらない理由としてメインストーリーですかね。
まったく先の展開が気にならない、お使いお使いお使ーいだらけの陳腐なストーリー。ジブリの無駄使い。
そしてウザいキャラはいないけど、魅力的なキャラもいない毒にも薬にもならない薄い仲間たち。
数は多いけど存在感の無いNPC。

戦闘バランスも大味でスキルぶっ放しゲーです。開幕にロウランのスキルぶっ放しで7~8割削れる。
MPは存在せず、スキルゲージは通常攻撃を当てて溜めていくもので、
さらに次の戦闘に持ち越しも出来るのでためらい無く使っていけてしまう。雑魚戦の7割は秒殺できる。
雑魚も雑魚のまま最初からこのバランス。まだ序盤だからと思ったけどまだ変わりません。
テイルズみたいにコンボや技の組み合わせなどプレイヤースキルに委ねる部分も皆無。
恐らくプレイヤー全員が同じような戦闘方法に行き着くと思う。

トレハン要素もあり強い武器防具が手に入った時はテンションが上がったけど、
雑魚が雑魚過ぎてありがたみがイマイチで強い武器を手に入れたという実感が無い。
また武器によって攻撃方法が変わるわけでもない、結局はただのパラメータ。
まあ属性とかはありますが、このバランスだと弱点を突く必要性も感じない。ゴリ押しでOK。
フィールド上には魔瘴気モンスターという強い敵が配置されていますが、
ヒット&ウェイで時間さえかければレベル差があっても結構倒せてしまう。

プレイしてて既視感と言うか過去にも同じ気持ちを味わったことがあるな~と思って記憶を辿ったら
思い出した、スターオーシャン5ですわヾ(;´▽`A``
ゲームシステムの部分はあれより遥かに丁寧に作られていますしボリュームもあるんだろうけどね。
でも陳腐なストーリーと魅力の薄い仲間たち、大味な戦闘バランスなどなど共通点も多いのも確か。
あくまで個人的な感想ですがw

特にがっかりだったのはキングダムモード。
何かPVでは自分だけの国が作れるみたいな雰囲気でしたが(自分が勝手にそう受け取っただけかもしれませんが)
作れる施設と場所は完全に固定されていて自由度は皆無
NPCは自由に施設に配置することは出来ますが、NPCによって得手不得手がありますので結局固定されていきます。
悩む必要は無いけど考える必要も無い。この辺りはユーザーで賛否が割れそうですが・・・

というか、このゲーム基本的に自由度は無いといっていいでしょう。旅している感は薄いです。
攻略順も決まっているし、船をとっても移動できる場所は限られていました。
サブクエも内容が薄く、結局ファストトラベルを順に起動するだけのものが多いです。
ゼノブレイドクロスを思い出しますねw

中にはドラクエ11を超えた!!見たいな感想も見かけますが、
ないないないないそれはない
まあ感じ方は人それぞれなんで否定するのもおかしいかもしれませんが、
個人的には全然及んでないです。前回の記事ではドラクエ11以来、夢中になっているといいましたがw
つーか、雑魚が固くて無駄に戦闘が長引くゼノブレイド2と、
雑魚が柔らかくて歯ごたえのない二ノ国2をプレイするとドラクエがいかに優れたバランスか思い知らされますね。

海外レビューで厳しい点数をつけているサイトの意見を見る限り、
恐らくこんな感じが終盤まで続くんだと思います。特に盛り上がりも無く(⌒_⌒;
ちょっとゲームとしての底が見えちゃったかな。全体的に「ゆとりゲー」とでもいいましょうか。
普段ゲームをやらなくて、ジブリが好きでこのゲームが気になっている方にはちょうどいいバランスなのかも。
UI周りも使いやすく作られていますしね。あらゆる意味でゼノ2とは対極にあるゲームですw

いやいや、たった13時間のプレイで何言ってるの?これから面白くなるよ!!
って意見がありましたら是非コメントください、まじで。
正直もう続けるモチベーションが失せています。ストーリーが面白かったらまだ続けたんでしょうけど(´ヘ`;)

高値で売れるうちに売ってファークライ5を買う足しにしようか迷うなw
いや、ファークライ5も絶対途中で飽きるとわかっているんですがねヾ(;´▽`A``
でもPVみると凄く面白そうなんですもの。FPSもやりたいしステルスもやりたい(´・ω・`)

二ノ国2 インプレッション、感想など

二ノ国2を8時間ほどプレイしました。
キングダムモードが実装され、ようやく色々出来るようになったところですね。
このあたりで軽く感想を述べたいと思います。ちなみに今作かなり絶賛されていますよねw 

まずシステム周りですが、丁寧に作られていて、かつわかりやすいです。
UI周りも使いやすい。ファストトラベルも移動ポイントが多い上にどこからでも起動できる。
ロードも速いし、オートセーブと任意のセーブも両方完備しています。
一言で言って遊びやすい。ゼノブレ2も見習いやがれ

ひとつ難点を挙げるならフィールドでの移動速度が遅いことでしょうか。
フィールドを広く見せるための手段でしょうけど、昨今のゲームにしてはちょっと遅いですね。
前作も確かこんな感じでした。

キャラデザはジブリらしく、媚びたデザインにならず良好。嫁の前でもプレイ余裕ですw
グラも綺麗でまさに動かせるアニメって感じですね。
キャラの声には声優ではなく俳優を起用していますが、違和感が無い。
志田未来さんと西島秀俊さんの演技力は圧巻ですね。特に西島秀俊さんは声もイケメンすぎる(⌒_⌒;

戦闘システムは前作よりも大幅にアクション寄りになっていてまるでテイルズです。
いや遠距離攻撃もあるし、ローグギャラクシーが進化したといった方がいいかな。そういうと不安ですか?w
でもこんなにスピーディ、かつレスポンスの良いアクションだと思っていなかったです。
ただ、今のところ難易度はヌルめかな。雑魚もボスも苦戦することがほとんど無い。
特に雑魚戦はスキルを駆使すれば数秒で戦闘が終わることもシバシバ。
フニャもボス戦以外ではほとんど必要性は感じないです。今のところですが。

難点はガードと回避がL1ボタンで一緒なことですね。
スティックをニュートラル状態でL1ボタンを押すことでガード。
スティック+L1でその方向に回避って感じなんでとっさにガードが出難いですね。
キーコンフィグが欲しかった。どうやら実装されていないみたいです。まあ慣れの問題かな。

本作はシンボルエンカウントとなっています。敵の名前が赤字、白字、青字で表示されるのですが、
赤は自キャラよりも高いレベルの敵で白は同レベル帯、青はレベルの低い敵となっています。
青の敵はこちらから触りに行かない限りは自キャラを見つけても追いかけてきません。
これ結構重要ですね。シンボルエンカウントを採用してても意外と出来てないゲームが多いので。
ストレスのたまり具合が全然違います。丁寧に作られているのを感じますね~

トレハン要素もあって、敵は結構武器防具を落とします。
同じ名前でも強さが違ったり、付加効果があったりしますので
結構いい武器が手に入った時はテンションが上がりますね。


さて、ここまでベタ褒めですけど、褒められない部分もあります。それはずばりストーリーです。
ゲームシステムありきでストーリーは後から考えたのが丸わかりというか、なんともご都合主義なストーリーです。
折角のジブリなのに深みが無い。フルボイスでないせいか、演出も淡々として盛り上がりに欠けます。
魅せ方に関してはゼノブレイド2の足元にも及ばないですね。
熱いものが何も無い。いや、別に熱いのが好きってわけではないのですが、ここまで淡々としてるとね(⌒_⌒;

どうやらシナリオディレクターは日野晃博氏が担当している模様。
プロのシナリオライターに書かせた方が良かったのでは(´-ω-`;)

あと自国の国民を増やすため各地でNPCをスカウトすることになります。
ここは幻想水滸伝っぽくていいのですが、
スカウトする際にいちいちゴミみたいなサブクエをこなさなくてはならない。
○を何体倒して来い。とか○を集めて来いとかそんなの。まあお決まりのお使いですよね。
数百にも及ぶサブクエとか、どこかでそんな宣伝文句を見た覚えがあるのですが、
まさかこれらも含まれているのでしょうか?含まれているでしょうねヾ(;´▽`A``
そういうのは水増しと言うのだよ。まあいいけどね、今のところそんなに面倒くさい内容じゃないし。今のところねw

さて、文句も言いましたが、トータルしてみると間違いなく良作です。
点数をつけるなら85点ぐらい。かなり面白いです。ドラクエ11以来、夢中になったJRPGですね。
勿論、頑張ってクリアまでプレイしたい。丁寧に作られているので多分大丈夫だと思います。
あともうちょっとストーリーが先が気になる展開なら良かったのですがねヾ(;´▽`A``
でもJRPG好きならお勧めできます。
これにより、私の中で来月発売予定のメタルマックスのハードルがかなり上がってしまったw

二ノ国II レヴァナントキングダム - PS4二ノ国II レヴァナントキングダム - PS4
PlayStation 4

レベルファイブ
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る


雑記

メタルギア サバイブのシングルモードをようやくクリアしました。
プレイ時間はおそらく30~40時間ほどでしょうか。素材を集めながらかなりのんびりプレイしました。

いや~、面白かったですね。本家よりもハマッてしまった。
といっても本家とはゲームのコンセプトが全然違いますがね。ステルス要素はほとんど無いです。
ほぼオープンワールドで作られていますが、フィールドは決して広くは無いです。
ただ塵の海による視界の悪さとと酸欠の要素を上手く取りいれることで狭さを感じさせない作りとなっています。
食料と水の要素はもうちょっとバランスを弄った方がいいと思いますがね。
後半になるとどちらも十分な量が手に入るため、餓えに苦しむことはなくなりますが、
減りが速いのでこまめな補給が必要となります。戦闘中に餓えの状態になるとかなり参りますね。
腹の減りなんか気にしている場合じゃないだろ!といいたくなります(⌒_⌒;

ゲームの方は本編クリア後も続きます。エンディングは実装されているのかはわかりませんが、
難民をスカウトしてベースキャンプを補強し、散策で強力な武器防具を手に入れるなど。
またサブクラスもアンロックされるのでキャラを更に強くすることもできます。
私は一旦ここでプレイを終了しますが、この後もかなりのボリュームがあると思います。
値段も安く、更にAmazonでは30%オフになっているのでこの値段なら元は取れると思います。
ただ、まあ人を選ぶゲームではありますからね。手放しではお勧めし難いかもヾ(;´▽`A``

さて、これで週末の二ノ国の準備は整った!(`・ω・´) シャキーン!!
Amazonで発売日お届けで予約済です。かなり楽しみです♪
DL版を買おうか迷いましたが、レベル5なだけにまったく不安要素が無いわけではないですからね (⌒_⌒;
無難にパッケージ版にしておきました。はまれるゲームだといいのですが。

そういえば最近、KOF98UMに続いて新たなスマホゲーにはまりまして。
ブラウンダストというゲームです。→公式ページ
基本はRPGなのですが、
戦闘は3×6のマスに最大9人の傭兵を配置して攻撃する順番を決めたらあとはオートバトルとなっています。
これがなかなか奥深くて面白い。オウガバトルが進化したような戦闘システムです。
最近になってスマホゲーでの私の趣向が段々分かってきまして、
・基本はRPGでシステムがわかりやすい。
・戦闘などはプレイヤーの介入が少ない方がいい。アクション性はいらない
・キャラを強くする上限が天井知らず
・キャラガチャの他に武器ガチャもあればなお可。
・強くなるのに時間が掛かる。重課金で一気に強くなるのではなく時間をかけてのんびりやるのが良い
・無課金でもそこそこ遊べる。

こんな感じでしょうか。
ちなみにブラウンダストは韓国ゲーみたいですが、UI周りが秀逸でわかりやすいです。
KOF98UMも中国の会社ですし、スマホゲーでは日本はちょっと遅れ気味か?まあパズドラとFGOがあるか。

気になったのはこのゲーム、登場人物の8割は女性キャラとなります。
そして主人公はいわゆる「なろう系」ってやつで(正確には違うかもしれないw)
出てくる女性キャラは味方も敵もみんな主人公のことが大好きになるんですよね。
ライトノベルでよくありがちな主人公ハーレムってやつでしょうか。
気持ち悪いですが、それさえ容認できれば良ゲーだと思います。
それに主人公ハーレムと言ってもソードアートオンラインよりはましですね。
PS4で1作品プレイしたことがありますが、あれはマジで吐き気がするほど気持ち悪かったw 
ゲーム部分は面白そうだっただけに残念でした。

何でハーレムが気持ち悪いかって
作者の欲望が主人公に投影されているようで、それを見せ付けられているようで気持ち悪いんですよね。
まあ、漫画なんてそんなもんでしょと言われればそれまでですが、ハーレム系だけはまじ勘弁。
俺つえぇ系の方がまだましです。爽快感があるしw

さて、話がそれましたが、気になっている方は是非プレイしてみてください。
無課金でもかなり遊べます。ガチャが渋いと評価されていますが、
私は10連ガチャ4回まわして星5キャラが3体手に入りました。相当運がいいのでしょうか(⌒_⌒;
KOFだとまったく引けないのに・・・・おかげでダイヤも大量に持っていますw
この1週間あまりにもハマったんで、お布施として1200円ほど課金しましたヾ(;´▽`A``

ボクシング雑記

今日は久しぶりに小田原城近辺を歩いてきました。
テレ東の『池の水ぜんぶ抜く』で小田原城のお堀の水を抜くことになったとのことでどんな感じか見てきましたw

水はもう4分の3ぐらい抜けてましたね。収録日まではこれで維持するんでしょう。
浅くなった水辺に鯉が沢山いました。鯉は外来種ですが、水抜きが終わった後ちゃんと戻して欲しいですね。
小田原城のお堀といったらやっぱり鯉なんで。
近くにいた女子高生同士の会話を聞いたところ、21日が収録日らしいです。
その日はもの凄い人だかりになるんだろうな。21日なら祭日なんでちょっと見に行きたい気もするけどw
今日は桜がまだ咲いていなかったので、ちょうど収録日には満開になるかもしれませんね。
放映日は来月らしいので見逃さないようにしないとw


さて、ボクシングの話題に
ワシル・ロマチェンコVSホルヘ・リナレスがようやく正式発表されました!!
途中に色々と横槍が入って高尚が難航していましたが、何とか解決して決まったみたいです。

もうね、リナレスぐらいしかいないでしょ、ロマチェンコのスピードに対抗できそうなの。
リナレスなら必ず一泡吹かせてくれるだろうと信じていますよ!それにロマゴンの例もありますからね。
ロマチェンコは調整試合をせずにいきなりタイトルマッチでしかもライト級ですからね。
正直ロマチェンコにとってライト級はちょっと重いのではないかと思います。
身長、リーチ共にリナレスよりひとまわり小さくなるので階級の壁にぶち当たるかもしれませんね。
果たしてあのスピードがライト級でも維持できるものか。

リナレスなんで今までの相手みたいにノーマスにはならないと思います。
勿論、試合中に深刻な怪我などしたらわからないですが、
少なくともこれ以上は時間の無駄だといわんばかりに試合を放棄することは無いと断言できますね。
息が続く限り動いて手を出し続けるでしょう。

井上選手VSジェームス・マクドネルも正式に発表されました。
なんかもう井上選手楽勝なムードですけど、正直私はマクドネルが簡単な相手だとはどうしても思えない。
ガードが高く固いし身長差、リーチ差もありますから井上選手でもかなり手を焼くのではないかと思っています。
わりと判定まで行くのではないかな。
164センチの井上選手に対して178センチのマクドネル。一歩と間柴の身長差とほぼ同じですねw
マクドネルは間柴のようなしなるフリッカーを使うわけではないですが、
先にも述べたとおりガードが高く基本に忠実で非常に崩し難いと思っています。

井上選手はとにかく懐にもぐりこんでボディボディですね。
体がくの字に曲がったところで右をドカンと。戦略としてはほぼそんな感じになるのではないでしょうか。
ただ、大きく踏み込む分、カウンターをもらわないか心配ですよね。
チャーロ弟戦のエリクソン・ルビン見たいなことにならなければいいのですが・・・
ルビンも怪童とよばれ、チャーロ弟との戦前ではルビンが勝つ予想が多かったですからね。
あと身長差があると見上げるぶん、どうしてもアゴが上がるんで・・・井上選手なら大丈夫だと思いますがw

バンダム級に上げたことでフィジカル面ではどうかと思いますが、
これは恐らく減量苦から開放されたことによりパワーはより上がっているのではないかと思います。
勿論、当然ですが相手も大きくなりますから不安もありますが、
そういった意味でもバンダム級では規格外の体格を誇るマクドネルと試合が出来るのは非常に良いと思います。
マクドネルにあっさり勝てるようなら今後も体格面での不安は無さそうですしね。
あとはサウスポーのテテぐらいかな、危険なのは。
ライアン・バーネットには普通に勝てると思いますよ。おそらくパワー面で圧倒できると思います。
クリンチも強引に引っこ抜けるんじゃないかな。

5月はゴロフキンVSカネロに加えてこの2試合です。
ボクシングファンにはたまらない一ヶ月になりそうですね♪

雑記

今年の確定申告無事完了。
これで暫くゲームのことだけを考えながら生きていけるぞw

さて、先日にニンテンドーダイレクトが行われて3DSとスイッチのソフトが発表されました。
スマブラの新作も発表されましたが皆さんは何か気になるのがありましたかね?

私が気になったのを一つずつあげていきますね。
「OCTOPATH TRAVELER」の発売日が2018年7月13日に決定。新主人公トレサとアーフェンを公開

ようやく発売日が決まったオクトパストラベラー。体験版をプレイして絶対に買うと決めていました。
ただ発売が7月13日と夏ですな。ゴールデンウィーク明けぐらいには遊べると期待していたのですが(´ヘ`;)
スイッチにはこの手のゲームがもっと増えて欲しいですね。相性がいいと思うんですよ。

つづきましてこれ
「ノーモア★ヒーローズ」シリーズの新作「Travis Strikes Again」,ゲーム世界でバグと戦うプレイ映像が公開

ノーモアヒーローズの最新作。良かった、シリーズがまだ死んでなかったヾ(;´▽`A``
須田剛一氏の作品らしくぶっ飛んだアクションとストーリーに期待したい。
その前に2もリメイクして欲しいんですよね~
発売されたのがWii末期でしたから面白いのにあまり話題にならず、
その後、PS3や箱○にも移植されませんでした(1は移植されました)
敵キャラも面白いキャラが多くて隠れた名作だと思うのですが、もったいないな。
新作が売れたらリメイクあるかな。発売は2018年内と言う事で年末になりますかね~

個人的に気になったのはこんなところかな。あとはサガ スカーレット グレイスが移植されます。
VITA版よりテンポが良くなっているのなら買おうかな。


さて、ゲームはメタルギア ザヴァイブをせっせとプレイしています。モンハンは完全に中断してますねw
シングルプレイは恐らくもうすぐクリアだと思います。
さっさとクリアしてクリア後にできるサブクラスの解放をしたいですね。戦略に幅が出来そうですし。
賛否ある作品ですが、私は好きですね。Amazonの評価もじわりじわりと上がってきましたw

あと先日まで安売りしていたニーア オートマタを買いました。
発売して一年経ちましたが、このゲーム全然値崩れしないですね。我慢できずにDL版を買っちゃいましたよ。
また積みゲーになってしまいましたが(⌒_⌒;

今月は他にも気になっているソフトがあるんですよね。
二ノ国は購入確定ですが、他にも戦ヴァル4。
あと進撃の巨人2もちょっと気になっています。動画を見る限りは面白そう。
シャイニングレゾナンスとファークライ5も気になります。
まあファークライ5はいつもの如くすぐ飽きそうですがw

来月はメタルマックスは購入確定。ゴッドオフウォーはどうしようか迷っています。
コンスタントにソフトが出るのは嬉しいですね。

ワイルダーが劇的KO勝利で統一戦に一歩前進!!

本日行われたヘビー級タイトルマッチ デオンテイ・ワイルダー VS ルイス・オルティス。
昨晩に確定申告書を遅くまで、というか朝方まで作成していたので昼過ぎまで寝ていたのですが、
前座の試合が後回しでいきなりメインのワイルダーVSオルティスから始まったのでちょっと焦りました(⌒_⌒;

いやいや、凄い試合を見てしまった。
まるで去年のクリチコVSジョシュアの再現みたい。結果はワイルダーの1OR KO勝ちとなりました。
私の予想ではワイルダーが勝つと思っていましたが、
オルティスも倒れるイメージが無かったので判定までもつれ込むかな~と思っていたのですが、
劇的な逆転KO勝利でした。

試合内容をざっと追っていきます。
1~4Rはお互い警戒し合って手数が少ないです。ワイルダーが左のリードで距離を測り
右を狙いますが、サウスポーのオルティスはワイルダーの右に合わせて左を狙っています。
ワイルダーもそれがわかっているのでなかなか手が出ないですね。
お互い牽制しあい、空間の削りあいの神経戦で、手数が少なくても物凄い緊張感があります。
つーか、現地ファンはブーイング止めろや。この緊張感がわからんのかね。
雑魚同士が攻め手を欠いてお見合いしているのはわけが違うんだぞ。2人の邪魔すんなって感じですよ。

ここまではややオルティスが優勢かな。試合が動いたのは5ラウンド。
ついにワイルダーの豪腕が炸裂しオルティスがダウンします。プロで初のダウンですね。
ラウンド終盤だったのでゴングに救われた形になりましたがダメージはかなりあったと思います。
6ラウンドにワイルダーが攻勢を強めますが、ディフェンスの上手いオルティスをなかなか攻め切れません。
オルティスも果敢に打ち返します。
そして7ラウンド。オルティスのカウンターがヒットしワイルダーが棒立ちに。時間はまだ一分以上残っています。
そこから一気にラッシュをかけてワイルダーはデビュー以来初めて迎えた大ピンチとなりました。
正直もう止められるんじゃないかと思いましたが、ワイルダー打たれ強い!
かなりクリーンヒットがありましたが何とか踏みとどまってこのラウンドを凌ぎました。
8ラウンド、ワイルダーはまだダメージを引きずっています。オルティスも一気に試合を決めたいところですが、
ちょっと疲れたか?先ほどのラウンドで決められなかったのは痛いですね。
ワイルダーはジャブで牽制しながらポイントを捨てて回復に努めます。

そして迎えた10ラウンド。耐えて回復に努めていたワイルダーの豪腕がついに爆発!
オルティスが2度目のダウン。ダメージはかなり深刻そう。
何とか立ち上がりますが火がついたワイルダーは止まりません。
大降りのフックから最後はアッパーでオルティス3度目のダウン。カウントを数えることなく試合終了となりました。

最後にオルティスが崩れ落ちたシーンはかなり衝撃的でした。
技巧派なオルティスは倒されるイメージが無かったので・・・
やっぱワイルダーは凄いですね。荒削りなところもありますが、突き抜けた攻撃力です。
今までの対戦相手の質から懐疑的な目で見ていた人も多かったと思いますが、
この試合で流石に認めざるを得ないんじゃないですかねw

さて、これでワイルダーは統一戦に一歩前進ですね。
今月の31日(日本では4月1日)に行われるジョシュアVSパーカーの勝者と年内にも統一戦が行われるとのこと。
ジョシュアが勝てば今年一番のビッグカードとなりますね。
ただジョシュアが勝てるかどうか。パーカーは簡単な相手ではありませんしね。
それにこういう試合って大体実現しないのでヾ(;´▽`A``
正直ワイルダーかジョシュアのどちらかがこけると思っていましたw
ジョシュアには頑張ってもらって何とか実現して欲しいです。


さて、話はかわりますが、先日山中選手に処理したルイス・ネリがWBCから無期限の出場停止処分を受けたとか。
これはちょっと意外ですね。そんな重い措置がされるとは思っていなかったので。
体重超過なんて海外ではしょっちゅうありますし、日本でも去年に大森選手がタパレスにやられましたし
比嘉選手もフアン・エルナンデスにやられました。こちらは試合には勝ちましたが。
正直、今更って感じです。ネリも何で俺だけ?って思っているかも知れません。

でも良い傾向ですね。山中選手だったからWBCが動いたという気がせんでもないけど(⌒_⌒;
これで体重超過が減ってくれればいいのですがね。
一番いいのは出場停止よりもファイトマネー没収だと思うのですが、
それだと本人だけでなくジムやトレーナーにも迷惑が掛かりますから難しいですね。
ジムやトレーナーにも責任があるだろといわれれば、まあそうなんですけどw

そういえば総合の青木真也選手が今回の件でゴチャゴチャ言っているみたいですが
要約すると「試合を受けた以上は体重超過は言い訳にするな。嫌なら試合をしなきゃいい」とのこと。
言わんとしていることはわからんでもないけど、
そもそも今回、山中選手には試合をしないと言う選択肢は「無い」のですよ。無いんです。
青木選手にはあるように見えたのかもしれないけどw

人柄の良い山中選手が試合実現のために動いてくれた人々、
平日なのに予定をあわせてくれた後援会やファンのためにこんなことで試合をキャンセルできるわけ無い。
小粒なカード詰め合わせの総合格闘技のイベントとはカードの重みが違います。
質より量の興行とは違うのですよ。

まあ青木選手も山中選手を嫌って、ましてネリのことが好きでこんな事言っているわけではないでしょう。
過去の発言を見るに、この人は恐らく世論の不利な方に味方をしたくなる性分なんじゃないかと思います。
炎上させたいわけでも目立ちたいわけでもないんじゃないかね。いや、わからんけど(⌒_⌒;
仮に山中選手が本当に試合をキャンセルしていたら
異国の地からわざわざやってきてくれたネリに対して~とか、
試合の実現のために動いてくれた人やファンのことを考えて~とか
山中選手はプロ意識に欠ける等の批判をしてそうですがねw

ボクシング雑記

無念。山中選手、ルイス・ネリに2ラウンドKO負けで王座返り咲きならず。試合後に現役引退を発表しました。

正直この試合は見たくなかったんですよね。やるまえから山中選手は勝てないと思っていたから。
恐らく多くのボクシングファンの方がそう思っていたと思います。
ドーピングとか問題がありましたが、本音を言うとそれは負けにはそれほど結びつかないと思っていました。
もちろんドーピング行為はいけないことですよ。当たり前ですが。

要は相性の問題だと思っています。
前回はタオルが早かったなど物議を醸しましたが、そもそもあの体勢に持ち込まれてしまったことが問題なわけで。
ネリからしたら前回の時点でもう山中選手の攻略は完了していたんですよね。
山中選手の弱点は近接戦で回転の速い連打。脅威の左は丁寧にガードし、
右の撃ち終りに合わせて左を放って一気につめる。
クリンチを多用しない山中選手はファイタータイプからしたら左の距離さえ外せば攻略は容易いはずなんですよね。
ただ、今までは右から強烈な左ストレートと抜群の当て感で相手を中間距離に貼り付けにして、
それをさせなかったわけで。でもここ数試合で衰えが顕著に見られだしました。

基本、ネリの戦略は今回もまったく同じ。右に合わせて左を放り込み一気につめて連打。
ネリはサウスポーなんで左が強打なんですよね。相手がサウスポーだったのも敗因としてあると思います。

もっと足を使って距離をとればよかったのでは?とかもっとガードを上げて~などの意見もあると思いますが、

足を使って距離をとる→そんなことしたら地に足が着かないので左の強打が死ぬ。ネリは臆することなく
ガンガン前に出られる。12ラウンドも逃げられるわけが無い。
そもそも相手を正面に捕らえることが基本スタイルの山中選手はアウトボクシング出来るのだろうか?
衰えたダルチニアン相手にポイントアウトしたことぐらいしか記憶に無いです。
ダルチニアンはタイプ的にネリに一番近いと思いますが、パワー、スピードはネリの方が上。
そして山中選手はあの頃よりもパンチの精度は上がっていると思いますが、
肉体的にはやはり衰えているでしょう。

ガードを上げる→同様に左の強打が死ぬ。ネリは臆することなくガンガン前に出られる。
そもそもパワーとフィジカルの差がありすぎてガードの上からでもダメージを負ってしまう。
今回はこの作戦もあったと思いますが、案の定カウンターがないと知ったネリはより攻勢を強めました。
もしかしたらネリも減量苦で短期決戦を仕掛ける必要があったかもしれませんが。

山中選手の勝機はただ一つ。
右を多用しネリを中間距離に貼り付け。ネリが潜り込むタイミングを掴む前に神の左をねじ込む。
これしかなかったんじゃないかなと私は思いました。本当に小さな可能性でしたがゼロではない。
倒せなくてもダウンの一つでも奪ってダメージを与えて恐怖心を植えつければ。とにかく潜り込ませない事。
祈るような思いで試合を見てましたが結果は残酷なものとなりました。

試合後に現役引退を発表しましたが、勝っても負けても引退だとやる前から決めていたのでしょうね。
ネリの体重超過とかバタバタありまして、出来れば万全の状態で最後の試合をやらせてあげたかったです。
体重超過を意図的に仕掛けてくる選手もいます。なぜならペナルティが少ないから。
スポーツと言っても興行なんで、特にメインカードは試合のキャンセルは実質不可ですからね。
罰金払って優位に戦えるならやる奴はいますね。日本では考えられないですが。

ネリはおそらくこの階級に留まる気は無かったのでしょう。
井上選手に制裁を望む声もありますが、残念ながら実現しそうもないですね。
それにいくら井上選手でもネリは簡単な相手ではないですね。オーソドックスなら問題の無い相手だと思いますが、
サウスポーだからどうなんでしょうかね。ナルバエスはパワーの無い技巧派タイプだったので押し込めましたが・・・
もちろん実現するなら見たいですが、今日の結果を見る限りは5分かなと思います。

さて、山中選手は本当にお疲れ様でした。
今後はジャンクスポーツなどのトークバラエティ番組に出演して色々な話を聞かせて欲しいですね。
これからの活躍に期待しています。

プロフィール

yoshimaru

Author:yoshimaru
ゲームを愛するアラフォーのオッサンです。既婚者になりました。ゲーム暦35年で養った独自の観点でゲームを評価していけたらと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者購入予定
購入予定一覧です♪
【PS4】CODE VEIN【予約特典】描きおろし「CODE VEIN」&「GOD EATER」コラボデザインの特製クリアカード (パッケージ版限定) 、「GOD EATER」コラボ武器セットとBGM付き豪華PS4用オリジナルテーマが入手できるプロダクトコード (付) 【早期購入特典】ゲーム内で「吸血牙装オウガ 亡蝕の爪牙 (男女セット) 」が入手できるプロダクトコード、特製リバーシブルジャケット (パッケージ版限定) (封入) レッド・デッド・リデンプション2【CEROレーティング審査予定 (「Z」想定) 】 (【数量限定特典】軍馬と無法者サバイバルキットが手に入るプロダクトコード 同梱) 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 付
 
リンク
アクセスカウンター